2016年11月23日
高橋知征

住み替え時の「買い先行」と「売り先行」、そのメリットと注意点!

高橋知征

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



住み替えを検討する際に、住み替え先の購入と今住んでいる住宅の売却のどちらを先行させるか検討する必要があります。双方にメリットがある反面、注意すべき点があります。そこで今回は、それぞれのメリットと注意点についてご検証してみましょう。



買い先行のメリットと注意点


住み替え先の物件を先に購入するメリットは、今住んでいる住居があるのでじっくり時間をかけて希望条件に見合う物件を探せることです。中途半端に妥協して、住み替えしたことを後悔しては意味がありませんからね。


住み替え先が見つかって購入する際、今住んでいる住宅を売って費用に当てるのが一般的です。しかし住宅ローンが残っている場合は残債を精算しないと抵当権を外せないので、売却額が残債を下回る場合は別途に不足分を用意しなければなりません。

資金的に余裕があれば良いのですが、そうでない場合は新たに住宅ローンが組めなくなります。もし先走って契約をしてしまうと解約金を払う義務が生じるので、購入する際のローンが組めない場合は無条件で解約できる特約を付けておく必要があります。


買い先行とはいえ、今住んでいる住宅を売却する際の相場とローン残債を念頭に入れた資金計画を立てておく必要があります。もし、住宅ローンの残債が多いなら、相応の自己資金を用意しておかないと売却そのものが難しくなるので注意してください。



売り先行のメリットと注意点


住んでいる物件を先に売ることで、住み替え物件の購入予算が明確になるというメリットがあります。仲介業者にしても、具体的な金額と条件が分かっていれば物件探しがしやすくなります。


売り先行で問題なのは、住み替え先の物件がなかなか見つからない、もしくは入居に時間を要するといったケースです。住んでいた住宅を退去して新居に入居するまでの間、賃貸物件に間借りする費用が生じる上に引っ越しも2度しなければならなくなります。


買い先行、売り先行の何れにしても、大切なのは資金計画です。注意すべきなのは、住替えの目的にかなう物件が今住んでいる住宅を売却して購入できるかです。ですので、住み替え先の物件相場と、今住んでいる住宅の売却相場を下調べしておく必要があります。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 491

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧