2017年01月13日
takkennkousi

こんな不動産会社には気をつけよう!

takkennkousi

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

知人の話です。自宅の売却を考え、ためしに不動産会社に自宅の売却価格を確認してみることにしました。やはり、大手にこしたことはないと思い有名なA不動産会社に相談することに決めたのです。


知人の希望額として、3,000万円程度であればと考えていたところ、その担当者の口からは、「3,000万円…無理でしょう。周辺の状況から見ても、いいところ2,000万円程度の物件です。それでも売れる保証はありません。」といかにもそっけない返答でした。

売却に、見直しを迫られたのです。売却による、まとまった金額の捻出が必要であった知人は途方にくれてしまいました。


すると、翌日、A不動産会社の担当者が上司を連れて再び訪れ、「昨日、案件を持ち帰り上司に相談したところ、今なら、この地域において不動産の売買に力を入れていきたいと思っているので、当社が買い取る方向で話を進めることもできます。」というのです。買い取り価格は2,000万円。

知人は、「希望額との差があるものの今なら売れるのか…?」と悩みました。しかし、1,000万円の差額は大きいので保留ということにしました。


ところが、担当者は次の日も訪れ、「とりあえず専任媒介契約を結んでいただければ、物件の売却についても力を注げます。」とのこと。

専任媒介契約とは、他の不動産会社に重ねて依頼することのできない、拘束力の強い仲介の契約になります。

知人は、「最初そっけなかったわりに、けっこう興味を持っているような感じだな…」と思いました。


そこで、専任媒介契約は結ばず、他の業者にもあたってみたところ、後日、希望の3,000万円での売却が行えたそうです。

知人は、「A不動産会社に任せておけば、どうなったことやら…」と言っていました。


つまり、こういうことです


A不動産会社にすれば、売買を仲介して「代金額×3%+6万円」の仲介手数料を得るよりも、A不動産会社自身が2,000万円で買って3,000万円で売ったほうが儲かるのです。


売却価格の査定時には少なくとも3社以上に依頼する必要があるでしょう。有名だからといって信用するのは考え物です。特に急成長しているような不動産会社のなかには消費者を無視した営業活動を行っているところもあるようなので注意してくださいね。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 244

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧