2017年01月29日
takkennkousi

新築マンションを購入するときに気をつけよう!「セキュリティー」

takkennkousi

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

最近はマンションのセキュリティーが重要視されています。特にひとり暮らしの女性の場合、マンション購入の大きなポイントになるでしょう。今回は具体的なセキュリティー対策についてご紹介します。


戸建て住宅からマンションに住み替える方に、その理由を確認すると「マンションのほうがセキュリティーについて充実しているから。」という話をよく聞きます。確かに戸建て住宅の場合、マンションに比べて外から侵入しやすいというデメリットがあるようです。

最近のマンションのセキュリティーは、大規模マンションやタワーマンションでは、セキュリティーシステムが標準として導入されています。購入の際には、セキュリティーについて、どの程度守られているのかを確認する必要があるでしょう。


具体的なセキュリティーシステムとしては、専有部分のセキュリティーと共用部分のセキュリティーにわかれます。


専有部分のセキュリティー


センサーにより侵入者を感知するシステムです。ドア・窓などの出入り口に設置して開閉状態で感知する「マグネットセンサー」や熱により感知する「空間センサー」があります。

また、ボタンを押すことで警備会社に信号を送ることができる「非常用ボタン」は、さまざまな場所に設置することができるので便利です。


共用部分のセキュリティー


敷地内や駐車場、エレベーターや通路に「防犯カメラ」を設置すると、侵入者がカメラを意識することで侵入を抑止する効果があります。

エントランスドアの開閉をタッチ式の暗証番号や室内からの操作によりおこなう「オートロックシステム」が一般的になってきているようです。最近は、テレビカメラがついたものやICチップによるノンタッチキーを使用しているマンションも増えてきています。

「24時間有人管理システム」という文字どおり人が常駐することにより管理するシステムもあります。費用がかかるので、大規模マンションやタワーマンションといった高級マンションで利用されているシステムです。


マンションを購入するときに「最低限これくらいのセキュリティーはキープしたい。」というように基準を決めておくと、選択の目安になるでしょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 166

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧