2017年02月04日
takkennkousi

はじめてマンションに入居される方へ「マンション管理規約」

takkennkousi

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

マンションを購入し、はじめてマンションに入居される方が陥るトラブルがあります。管理規約の内容を確認せずに入居した場合です。このマンションのルールを押さえておかないと入居後トラブルことがあるので注意が必要になります。


はじめてマンションを購入される方の選択のポイントは、価格・立地・間取りなどを優先したものになるでしょう。しかし、忘れてはいけないものに「マンション管理規約」というものがあります。この規約は、まさにマンションの法律といえるマンションで生活するうえでのルールになるのです。


新築マンションの場合


管理規約はマンションの住民で組織するマンション管理組合で定めたルールです。新築の場合、一般的にデベロッパーやデベロッパー関連の管理会社が規約の原案を作成します。そして、入居者に対して規約を渡して承認を得るような進め方になるのです。


最初は、デベロッパー側の作成なので、内容が偏っていたりすることもあるので注意が必要です。早急にマンションの住民で管理組合を組織して問題点がないかを見直す必要があるでしょう。


なかには、マンションとリンクしていない分譲時の規約をそのまま使い続けている管理組合もあります。管理規約とは、そのマンションを管理するための規約なので、管理組合によりマンションに応じた内容で作成しなければならないのです。


中古マンションの場合


中古マンションの場合は、すでにできあがっている管理規約があるため、入居の際には十分確認しておかなければなりません。今後、この管理規約に縛られたマンションライフを送らなければならないからです。


具体的には、生活に密着する内容として、ペットを買うことができるのかどうか、ベランダに洗濯物を干すことができるのかどうか、リフォームについての内容として、自由にリフォームできる範囲や管理組合への報告の仕方などです。また、駐輪場や駐車場の利用の仕方などさまざまな取り決めがされています。


マンション管理規約を確認しないで入居すると思わぬことで不利益を受けたり、思い通りの生活ができなかったりします。マンションに入居するには、そこの住民で決めたルールに従うのは当然のことだという認識を持つことがポイントになるのです。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 349

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧