2017年03月29日
たま

家や土地などの物件を売りたい!売却前に確認しておくことは?

たま

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



素人では難しいイメージのある不動産売却は、いざ、家や土地などの物件を売りたいと考えたとき、仲介不動産会社に任せっきりにしてしまいがちです。知識と経験が豊富なプロに任せるのは悪いことではありませんが、自分自身でも最低限の情報を知っておくと何かと役に立ちます。後で余計な手間がかかったり、失敗してしまったりすることのないよう、必要となる情報を事前に確認しておきましょう。


売却前に確認しておくこと


売却時にかかる諸経費

・仲介手数料をはじめとして諸費用が発生するので、把握する必要がある

登記内容と現在の状況

・家や土地の境界線があいまいになっている場合がある

・増築があった場合、床面積などが異なっている場合がある

・登記簿上と実際の地積や土地の形状が異なる場合がある

購入時と現行の建築基準法

・建築基準法は何度も改正されているため、基準が変わっている場合がある

物件の老朽化や瑕疵(かし)の状態

・老朽化が激しいとリフォームが必要になる場合がある

・リフォームをした場合は、その記録を用意する

・設備の故障や建物の傾き、雨漏りなどの物件の欠陥(瑕疵)を把握する

抵当権が残っていないか

・ローンが残っている場合、家や土地に抵当権が設定されている

・ローンが支払えない場合、原則として物件を売ることは不可


以上のことを事前に確認しておかない場合、トラブルのもととなってしまったり、売却価格に影響が出たりする可能性があります。物件を売却する際は、必要な書類や準備しておくと便利な書類などがありますので、そちらを用意すると確認する際に便利です。


物件の老朽化や瑕疵の状態については、手を加えて売却額を高く設定するのか、買い手に任せて売却額を安めに設定するのかなど、対応が複数考えられます。また、物件の売却時にかかる諸経費は様々ありますので、事前にしっかりと確認しておくと安心です。


専門的なことや地域での物件のニーズなどは、仲介不動産会社にしっかり確認したり、ベストな方法を相談したりするようにしましょう。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 323

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧