2017年03月29日
たま

知っておくと安心!不動産を売却するときに必要となる経費

たま

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



不動産を売却するときには、実は様々な経費が必要となり、売却した価格の全てが手元に残るわけではありません。売却する方法や不動産などによって諸経費の額は異なりますが、ローンの返済が残っている場合などは注意が必要です。売却価格から諸経費とローン残債を引いたものが手元に残る金額となり、手元に残る金額をプラスにするためにも、諸経費の把握が必要となります。


不動産売却時に必要となる主な経費


仲介手数料

仲介不動産会社に支払う費用で、宅地建物取引業法で定められている料金です。売却価格が400万円を超える場合は、基本的に速算式に当てはめて計算できます。

仲介手数料=売却価格の3%+6万円(消費税別)

仲介手数料は、売買契約が成立した場合のみ支払う費用です。


測量費用

不動産の正確な面積などを実測するための費用です。正しい面積がわかっている場合は必要ではありませんが、登記簿の面積と実際の面積が異なる場合や、境界線や形状があいまいになっている場合などは、実際の面積を測量する必要があります。


税金

○収入印紙代(印紙税

譲渡取得税

・不動産売却により利益が出た場合、その利益に対して発生する税金です。売却額から必要経費を差し引いた金額が対象となります。所有期間が5年以内の場合は、所得税30%と住民税9%、所有期間が5年を超える場合は、所得税15%と住民税5%(6,000万円までは軽減があります)です。

登録免許税

・ローン残債があって抵当権が設定されている場合(抵当権抹消登記は不動産1つにつき1,000円)と、現住所と登記簿上の住所が異なる場合(住所変更登記は不動産1つにつき1,000円)に発生します。司法書士に登記を依頼する必要があるため、最低でも1万円程度の司法書士報酬がかかります。

不動産取得税

固定資産税


その他

土地に古家があり、更地にして引き渡す場合には建物解体費用がかかります。また、リフォームリノベーションハウスクリーニングなどが必要になる場合は、それぞれの費用が必要となるでしょう。不用品処分費用引っ越し費用なども発生します。


冒頭に述べたように、売却する方法や不動産などによって諸経費の額が異なりますので、依頼する仲介不動産会社としっかり確認・相談して、売却時の必要経費を把握することが大切です。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 247

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧