不動産を売ることを考えたら、

最初にすべきことは


「査定」


です。いくら位で売れるのかを、

不動産会社に試算してもらうことです。


その「査定」ですが、


「机上査定」



「実査定」


の2種類があります。


机上査定は簡易査定とも呼ばれていますが、

呼び名がそう決まっているわけではありません。

簡単に区別すると、

以下の通りです。


【 机上査定(簡易査定) 】

室内を見ないで周辺環境や、

取引事例だけを参考に、

ざっくりとした金額提示することをいう


【 実査定 】

実際に室内を拝見し、

依頼者と対面して売り事情をヒアリングを行う


ものすごく簡単に説明すると、


・机上査定・・・物件見ないで査定する


・実査定・・・室内を見て査定する


と考えておけばまあ大筋間違いではないかなと。


当然、物件を実際に見る実査定の方が、

正確な査定金額を聞くことができますし、

担当者と直接相対するので、

自分に合う人かそうじゃないかも分かります。


担当者と会う手間が生じますが、

どちらがいいかと聞かれたら、

実査定の方がより多くの情報を得られるでしょう。





「個人情報はあまり開示したくない」


からという理由で、

簡易査定を選ぶ方が多いです。


不動産会社に相対する不安感から、

また、後日、しつこく営業される

ことがイヤだからなのでしょう。


個人情報をできるだけ隠そうとする

気持ちも分からないわけではありません。


しかし、


「簡易」


とはいえ査定です。


最低限の情報は提供しないと、

不動産会社もたいした査定が出来ません。


個人情報を隠したいあまりに、


・連絡先はメールのみ

・名前は偽名

・○○区○○町の一画


だけでは、

「相場」は分かるかもしれませんが、

査定などできません。


相場を知りたいだけならば、

極端な話、ポータルサイトを見るだけで

ある程度の目安を付けることも可能です。


また、査定をする担当営業マンも、

物件も個人も特定できないような査定依頼に、

どれだけ真剣に取り組んでくれると思いますか?


簡易査定とはいえ物件と依頼者を特定できる

最低限の情報提供することが、

必要な情報を得るためのマナーだと思います。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 349

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧