こんにちは。tnks_不動産専門1級FPです。



ここ数日、また東京は寒い日が戻ってきましたね。


私の周囲でも、気温の変化で体調を崩す人が増えています。

インフルエンザもしつこく流行っているようですし、体調管理は万全にしたいものですね。




さて、短期間に資産を一気に増やす方法!?」というテーマの続きです。




前回の記事で、プチ不動産投資家という人たちを紹介しました。


この人たちは、あくまで自分で住む前提で物件を購入して、そして実際に自分たちで住むんですね。


どうしてこれで不動産投資になるのでしょう??




通常、自宅を購入するときには、いろんな要素が検討材料になります。


エリアや駅からの距離のような資産価値に直結するもそうですが、人によっては閑静な住宅地だったりとか、進学率の高い学校の学区だったり、あとは間取りや設備なんかも材料視されるでしょう。


そしてもちろん最大の検討材料は金額ですよね。




ところが、このプチ不動産投資家という方たちは、基本的に資産価値を最優先に自宅を選びます。


そして融資が組めさえすれば、金額の高い・安いもあまり気にしません。(高値掴みはもちろん資産価値の観点からNGですが、価値の高い物件であれば高い金額であっても気にしない、という意味です)



なぜかといえば、数年間だけ住んで、定期的に住み替えをしながら資産を一気に増やすつもりだからです。




たとえば、都心駅近で資産価値の高い8,000万円のタワーマンションがあったとしましょう。


ここに5年住んで、仮に5年後に9,000万円で売り抜けるとします。


そうすると、引っ越し代や仲介手数料を差し引いても数百万円の利益が出る計算ですし、5年間の住宅ローンの金利は住宅ローン減税等でかなりの部分が税還付されたりもします。


実質ほとんどタダで5年間、高級タワーマンションに住めたうえに数百万円の利益までもらえてしまうという寸法です。




元々、マンションは買った瞬間に価値が3割下がるとか言われているように、なかなか買値以上で売り抜けることは困難でした。


でも、昨今の不動産相場では、しっかりエリアや立地を選別すれば、高い確率で1割、2割増しで売ることも可能です。


金額が大きいだけに、うまくやれば一気に資産を拡大できるというわけなんですね。




ところが、この方法には一つ注意点があります。



次回につづきます。。。




※「いいね」の多かったシリーズから優先的に続きを書こうと思います。
 続きが読みたいと思ってくれた方は「いいね」のクリックをお願いします(笑)


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 300

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧