こんにちは。tnks_不動産専門1級FPです。



私はこのコラムで、不動産の高値売却のコツや小技をいろいろご紹介してきました。


そのなかで、コラムを読んでくれた友人から「逆に安い金額で売りに出して、反応見て金額上げられないの?」と質問をもらいました。


なるほど・・・と思ったので、友人にご了解のうえ、コラムで書いてみようと思います。




まず、不動産屋さんと売買の仲介契約を結ぶ際、”査定価格”というものが提示されます。


これは、周辺の取引事例を参考にした、売却可能価格と思えばよいです。


不動産屋さんにもよるのですが、この査定価格の●割増しまでを売り出し価格の上限とする決めがあるケースが多いようです。

(私の知る範疇では、だいたい査定価格の2~3割増しを上限とすることが多い印象です)


もちろん不動産屋さんがOKと言ってくれれば査定価格を大幅に超える金額で売りに出してもよいのですが、たとえば査定価格5,000万円の物件を1億円で出してもまず売れないでしょうから、経費がかからない範疇(たとえばネット掲載のみなど)で・・・などの交渉の範疇となることが現実的には多いと思います。




さて、冒頭の話に戻りまして、売り出し後に値上げをするパターンですが、結論からいうと”可能”なことが多いと思います。


特に査定価格の範囲内を売り出し価格にして実際に反響が大きかった場合は、不動産屋としても値上げを断りづらいところでしょう。



ただし、もともとの価格が売り出し価格の上限一杯だったり、そもそも問い合わせがほとんどない場合は、なかなか渋られることもあるかもしれません。(最悪、「その条件であれば最初から売買仲介を引き受けなかった。これまでにかかった経費を・・・」とかなりかねません)



まあ、不動産屋さん側も、「値下げしませんか?」と平気で言ってくるのでお互い様といえばそうなのですが、面倒を避けるという意味で、あまりお勧めはできません。



もし、査定価格に疑問があるなら、仲介契約を締結する前に、他社や第三者に相談するのがよいでしょう。



※「いいね」の多かったシリーズから優先的に続きを書こうと思います。
 続きが読みたいと思ってくれた方は「いいね」のクリックをお願いします(笑)


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 855

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧