2017年03月25日
山岸ゆうたろう

不動産売却時の隣地との境界確定について

山岸ゆうたろう

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産を売却する際には、隣地との境界を明確にする必要があります。

では境界がはっきりとしていなければ、どのような危険があるのでしょうか。

また売却前に早めに境界を確定しておきたい理由とは?


不動産の売却を考えていても、お隣さんの土地との境界がはっきりしていないということも珍しくありません。

境界がどこかわからなければ、そのまますぐに売却することは難しくなるでしょう。

そこで境界を確定することがなぜ重要なのかを説明したいと思います。

 

○境界があやふやだといずれトラブルに

隣地との境目に塀や杭などの目印があれば良いのですが、そういったものがない場合は、どこが境界なのかがわからないことがあります。

また何年も経っていれば、いつのまにかわからなくなっていまうというケースもあるかもしれません。

境界がどこか明確になっていないということは、所有している不動産がどこからどこまでなのかはっきりと把握できないということ。

それでは売却するにしても購入する側が困ってしまうでしょう。

また隣地との境界が明確になっていないと、隣の土地に住んでいる人とトラブルになる可能性も少なくはありません。

 

○なんとなくわかっていたつもりでも調べてみると・・・

正確に調べてみると、思っていた場所とは多少のズレがあったということも珍しくありません。

自分が所有している土地の敷地内のつもりで使用していた部分が、実はお隣さんの土地に入っていたなんてことも。

また反対にお隣さんが、自分が所有している土地の一部を使用している可能性もゼロではないでしょう。

そのため不動産を売却する際には、境界をしっかりと確定しておく必要があります。

 

○売却を考えているなら早めに境界を確定する

境界を確定するには、お金がかかってしまうだけではなく時間や手間も必要です。

もしもお隣さんが境界を越してこちらの敷地を使用している場合、売り出すからと言ってもすぐに対応してくれるとは限らないからです。

それが原因となってトラブルとなる恐れもあるでしょう。

そうなってしまうと、さらに時間や手間がかかってしまいます。

トラブルを抱えたまま売却を進めようとしても、なかなか上手く売ることができなかったり、買い手をトラブルに巻き込んでしまうこともあるのです。

またお隣さんだけではなく、少しでも土地が接触している部分があれば、その土地の所有者にも確認を取ることが重要です。

このように境界確定は、それほど簡単に済ませられないということを念頭に置いておきましょう。

そのため売却を検討しているなら、できるだけ早く境界を確定しておかなければいけません。

もしも売却を考えている不動産の境界が明確ではない場合は、まずは不動産業者に相談してみるようにしてみてください。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 465

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧