2017年03月29日
山岸ゆうたろう

空き家は戸建てだけでない!マンションにおける空き家問題とは?

山岸ゆうたろう

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

空き家のイメージは放置された古い一戸建て。

しかしマンションの空き家も今後、大きな問題となるとみられています。

マンションの空き家問題について説明しました。


今や空き家は日本が抱える重大な問題となっています。

その原因は人口が減少していることや、中古住宅より新築の方が人気が高いことなどさまざま。

空き家というと、放置され老朽化した一戸建てのイメージがあるかもしれません。

しかし近年、マンションの空き家も深刻な問題になると言われているのです。

マンションの空き家問題について考えてみました。

 

○近い将来マンションの空き家は大問題へ

今後、大きな問題へ発展していくと予測されている、マンションの空き家。

マンションの空き家は活用するのも難しく、また処分するとしても簡単ではありません。

そのため放置されてしまうというケースも珍しくないのです。

投資用のマンションでも貸し出すことや売却することができず、そのままの状態なんてことも少なくないでしょう。

管理されずに放置されてしまえば、マンションも一軒家と同じように老朽化のスピードが速くなってしまいます。

 

○所有者もマンションも高齢となっている

マンションの所有者が高齢ということも、空き家問題とは切っても切り離せない問題です。

亡くなってしまう場合だけではなく、病気で入院したり介護施設に入居したりと、空き家になってしまう理由は多く挙げられます。

高齢化社会が進めば、マンションの空き家もどんどん増え続けていくのが予測できるでしょう。

また所有者と同じように年齢を重ねてきたマンションは、当然老朽化も顕著となっています。

そうなると修繕や建て替えが必要なわけですが、所有者の意見が食い違ったりとなかなかスムーズには実行できない場合も。

その結果、新しく借りる人も見つからず、さらに老朽化は進んでしまうというわけです。

 

○タワーマンションもいずれ空き家が増加する

解体を考えたとしても、戸建てと比較してマンションの場合は簡単ではありません。

マンションの規模が大きければ大きいほど、解体のコストもかかってしまいます。

もちろん所有者の意見を揃える必要があり、それもスムーズにいくとは考えられないでしょう。

空き家とは無縁という印象のタワーマンション。

しかし実は、都心部のタワーマンションも、供給過多により空き家が増えているというのが現状。

住宅を建て替えるには、面積を広げて、その部分を販売した利益を建て替えコストに充てるという方法があります。

しかしタワーマンションは、敷地内に余裕がなく建て替えできないものも少なくありません。

将来、老朽化してしまった場合に、空き家がほとんどを占めるというリスクも非常に高いと言えるでしょう。

人口の減少に伴ってどんどん住宅が余っている状態の日本。

それでも新築の物件の着工は、減るどころか増え続けています。

空き家問題は、今後どんどん膨らんでいってしまうことが予測されます。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 670

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧