2017年01月11日
婚活FP 山本昌義

不動産売却!相続前後ならどっちがお得…?

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。不動産売却にあたって悩ましい問題の一つに「相続(税金)が絡む場合」があります。つまり生前に売却するのか、それとも相続後に売却するのかですね。一体どっちの方が得なのか…。今回はこの問題に遭遇したお話をお伝えします。


未婚で実家暮らし、そして親が施設入居を検討


あるところに未婚の50代女性(以下Aさん)がいました。Aさんは未婚ではあるものの、しっかり定職にも就いており、毎日幸せに暮らしていました。ただAさんには一つ悩みのタネがあったのです。それが二人暮らしのお母さん(以下A母)の件。


Aさんはずっと実家でA母(A父はすでに死別)の世話をしながら働いていたのですが、このところA母に少しずつ認知症の気配が出てきました。不幸中の幸いでA母自身がそれに気づき、これ以上Aさんに世話をかけては…と施設入居を検討しました。


不動産を売却して一時金に。でも貯金も沢山アリ


近頃では色んな老人ホーム等がありますが、一般的には一時金を支払うと月々の支払いが抑えられます。A母は自分の年金で支払えるようにと実家の不動産を売却し、その一時金に充てようと考えました。…が、ここで問題が!


A母は昔、金融機関に勤めてた経験がありました。そして「自分の相続を考えたら生前に不動産を売却するより、相続後に売却した方がトータルの税金的に有利なのでは…?」との思いに至りました。幸い、一時金を支払える程度の貯金もあったので尚更です。ちなみに相続税的には、現金の相続が一番不利になります。


生前でも相続後でも対応は様々。でも一番は…


不動産売却は大金が動く分、税金もホントに大幅に変わります。ちなみに生前なら「3000万円の特別控除」、相続なら「小規模宅地等の特例」が受けられるため、実家という不動産はいずれにせよ税金上優遇されるんです。そして不動産売却が生前か相続後かどちらが得かはホントにケースバイケース。ただ一応、生前の方が得なことが比較的多いと言われています。


でも、ホントに相続も絡む場合で一番気にしなければならないのは税金ではなく「相続人の間で争いにならないこと」です。Aさんには実は兄がいたのですが兄弟仲が悪く、実家を残すとトラブルになる可能性が…。この点を考え、A母は実家を売却し、資産の全てを現金化したうえで施設に入りましたとさ。


おわりに


つくづく、不動産売却は大金が動く分、税金も高額に発生しがち。だからこそついついお金のことばかり考えがちですが、相続では関係者の人間関係がもっと大事!少々の損得より、円満な相続を意識して行動を考えましょう。


関連リンク↓ 「不動産!離婚・死別で残った住居は売却を勧める理由3点!」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/10109/column_796.html
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 360

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧