2017年01月16日
婚活FP 山本昌義

不動産!あまりにも大きい不倫の代償行為…

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。唐突ですが、あなたは「浮気・不倫」に興味はありますか?現代では男女を問わずにある意味盛んと言われてる不倫ですが、その代償までしっかり理解されてるでしょうか…。今回は不倫で人生が崩壊した方の最悪なお話をお伝えします。


キッカケはホントに若気の至り…?


一部上場企業に勤める既婚のAさんは当時30代前半でした。20代前半で結婚したAさんにとって、同い年の奥さんはもはやただの同居人。子供もいましたが、そんなことはお構いなしにしょっちゅう飲み歩いておられました。


元々それなりにイケメンで年収も高く、一部上場勤務のステータスもあるAさんは女性にモテモテ。そんなAさんはある日、同じく既婚の20代後半女性Bさんと出会い、いつしか不倫関係になりました…。ちなみにさすがに不倫はAさん的に初だったそうです。


バレた事がキッカケで益々ハマってしまい…


頻繁に飲み歩いてても朝帰りは初だったため、その不倫は奥さんに即バレ。さすがにヤバいと思ったAさんは謝りたおし、どうにか許しを得られました。…が、「謝ったら許してもらえる」と学習したからか、あるいは麻薬のような中毒性があるのか、AさんはBさんとの不倫関係を続けてしまいました…。


そんなある日、Aさんは奥さんから唐突に「離婚しましょう」と告げられます。奥さん的に飲み歩くのは許せても、さすがに継続的な不倫は許せなかった様子。さらに奥さんは探偵を雇い、不倫の証拠をバッチリ抑えていたのです…。


不動産を売却してもなお不足する慰謝料


なまじ一部上場企業に勤務だからこそ、不倫などの問題行為は死ぬほどご法度。そして奥さんは証拠を武器に、慰謝料と財産分与、そして養育費名目で(推定)5千万を一括請求してきました。さすがにこの額は貯金全額、さらに自宅という不動産を売却してもなお不足する額。ようやくAさんの目も覚めましたが、時すでに遅し…どんなに謝ってもムダでした。


結局Aさんは離婚に応じ、不足額はサラ金で工面したそうです。そして離婚直後、今度はBさんの旦那からの慰謝料請求が…。現在のAさんは50代前半。ギリギリ慰謝料は払い終わったそうですが出世街道からも外れ、ただただ無貯金の老後を心配してる様子です。


おわりに


「不倫は心の殺人行為」と言いますが、ほとんどの場合はここまでの代償は予測できない様子。ちなみに売却した不動産は売り急いだため、住宅ローンと相殺でほとんどお金にならなかったそうです…。不倫がどれほど配偶者を怒らせる行為か、肝に銘じておきましょう。


関連リンク↓ 「不動産!売却せざるをえない状況に陥った件」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/10109/column_1154.html
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 627

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧