2017年03月12日
婚活FP 山本昌義

不動産!復讐のハズが…熟年離婚で自滅した残念な女性

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。熟年離婚は今や年々増加中。そして熟年離婚は妻からの希望が多いんです。家事をしない・できない夫に対する復讐の意味を込めて。ですが客観的にはそれは単に「思いやり」を失ってるだけだったりして…。今回はそんな実話です。


長年の恨み…定年を機に熟年離婚を宣言!


ある都心部に50代後半の既婚女性Aさんがいました。Aさんの夫Bさんはまもなく定年。実はAさんはBさんの定年を機に離婚を計画してました。長年、家事に非協力的なBさんに恨みがあったのです。そして予定通り、Bさんの定年を機に離婚を宣言。


もちろんBさんは反対しましたが、長年の家事上の恨みつらみをガンガン言われてるうちに心境が変化し、離婚に応じることに。同時にこれまでの感謝の意味を込めて、Bさんは不動産を売却し、その売却金と貯金を折半しました。Aさんにとっては十分な復讐ですね。


友人との交流は楽しいが…婚活もサッパリ


退職金を取れなかったのは計算外でしたが、それでも不動産の売却金と貯金の半分を手にしたAさんは「ざまぁみやがれ!」と復讐の達成感一杯!そして離婚後は友人達との交流に明け暮れました。友人達も「お疲れ様。そしておめでとう!」と離婚&復讐達成を祝福。


ですが離婚後1年ほど経つ頃には、急にAさんは孤独感を強く感じるように…。日頃は女友達との交流ばかりで出会いが無かったAさんはシルバー婚活も始めましたが、全然ダメ。離婚理由を話す時のAさんの態度に呆れ、男性は誰も相手にしてくれなかったんです。


夫は無事再婚!出戻りもできず途方に暮れる日々


不動産の売却金も減る一方で、少しずつAさんは未来への恐怖を感じるようになりました。そして離婚約3年後、Aさんは初めてBさんに何気なく電話しました。多少なり復縁の意図もあったんでしょうね。きっと家事にも困ってるだろうし…と考えて。


ですが電話に出たBさんからは「こっちは再婚した。もう連絡しないでくれ」との返答が…。なぜ当時あんなにBさんを恨み、復讐したかったのか分からなくなったAさんは途方に暮れる日々。熟年離婚したのは失敗だったのかも…?


おわりに


家事をしてる事で高飛車になり、不動産を売却してくれる程に心優しい夫に復讐の意味で熟年離婚を突きつけた女性。もちろん夫にも落ち度はあったんでしょうが、もう少し離婚後を考えて動くべきでしたね。熟年離婚は慎重に検討しましょう。


関連リンク↓ 「不動産!売却して熟年離婚…が結局元サヤに戻った夫婦」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/10109/column_3892.html
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1015

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧