2017年03月14日
婚活FP 山本昌義

不動産!売却金のアテが外れたからガンバれた老齢夫婦

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。ずっと都心部で生まれ育った方の場合、イマイチ地方不動産の価値って分からないもの。もちろん逆もアリですが…。その結果、時には今後の人生設計が狂ってくることも!今回はむしろ狂って良かった夫婦の実話です。


相続した実家不動産を売却することに!


ある都心部に50代の既婚女性Aさんがいました。Aさんは20代で同い年の夫Bさんと結婚し、その後二人の子供を授かった方。そして子供の成長に合わせて不動産も購入し、Aさん自身も共働きで家事に仕事に奮闘してきた人生でした。


そして近頃ようやく子育ても終わり、少しずつ夫婦の老後を考える日々。そんな折、Bさんの親が亡くなって実家不動産を相続することになりました!実はBさんは地方の出身。そして兄弟もおらず戻る気も無かったので、実家不動産は売却することにしました。


老後の設計あれこれ…全然違った売却額!


ちなみにAさんもBさんの実家不動産には何度も行った事がありました。それで「あの実家不動産なら売却出来たら3~4千万くらいかな?」と勝手に予想。売却の件は持ち主のBさんに任せ、Aさんは色々と老後について考えてました。


そうして約1年後ようやくその実家不動産が売却できたのですが…なんと予想とは全然違い、わずか1千万!Aさんはずっと都心育ちでイマイチ感覚がズレてた様子!同時に老後の設計について大幅な見直しが必要になりました。見積額くらい聞けば良かったですね…。


定年後の仕事を検討!おかげで…


ホントは仕事をしない前提で考えてた老後だったのですが、当然に予定変更!定年して老後を迎えても何か仕事をすることに!同時に定年するまで、その仕事をするための準備をすることにしたのです。計画性ありますね!


ところで…実はAさん夫婦はずっと共働きだった事もあって、仕事以外の老後設計が思いつかなかったんです。なので売却金が少なくて「働く理由」ができた事はむしろ良かった様子。定年した今でも夫婦揃って元気に仕事するAさん夫婦!いつまでもガンバって下さい!


おわりに


実家不動産の売却額が予想と全然違い、そしてだからこそ早期に「老後も仕事する」という人生設計ができた。もしホントに高額な売却金を得ていたら、ムリにでも仕事しない老後設計をしていたような…。今まで仕事人間だったなら、老後も仕事するのが基本かもですね!


関連リンク↓ 「不動産!どっちを売却する?で両方売却した愛ある夫婦」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/10109/column_4179.html
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 402

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧