2017年03月21日
婚活FP 山本昌義

不動産!嫁いびりを軽視し妻子に捨てられ自滅した男性

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。いじめにパワハラ、嫁いびり…。世の中には色んな弱いものイジメがありますが、加害者や周囲の傍観者には中々事の深刻さが通じないもの。時にその無理解は夫婦を離婚に導くことも…。今回はそんな実話です。


同居で嫁いびりがあった過去、やむなく別居に


ある都心部に50代の既婚男性Aさんがいました。Aさんはずっとシングルマザーだった母に育てられ20代でBさんと結婚し、結婚当初は母と同居していたんです。ちなみに実家は賃貸。当時は「これでようやく母をラクさせてやれる…」なんて思ってたものでした。


ですが…長年Aさんを溺愛してた母は、どうしてもBさんが憎かったんでしょうね。その思いは様々な嫁いびりの形で発揮されました。一方、Aさんはそれを知りつつ放置。そして上の子が小学校入学頃に離婚を迫られ、仕方なく転勤・引っ越した過去がありました。


妻が老後資金にと実家を売却。一方で母から…


そして時は流れて約30年。今まで二人分の教育費等で全然貯金できなかったAさん夫婦は、ある日Bさんの親が亡くなり実家不動産を相続する事に!一人っ子かつ特に戻る気の無かったBさんは、この実家不動産を「二人の老後資金」のために売却しました。


そんな折、Aさんの母の妹から連絡が…。聞けば「母が足を骨折した。今は自分が緊急的に来てるが、すぐに介護に来るか施設に入れる金を送れ」との事。自分にとっては優しく大事な母だったAさんは、すぐに例の不動産売却金を貸して欲しいとBさんに頼み込みました。


口論の末に離婚。子にも見放され最悪の現実が…


…しかし、ある意味当然ですがBさんは拒否。経済的な理由もそうですが、それ以上に過去の嫁いびりを恨んでたんです。ですがAさんからすれば母の命に関わる事だし過去は過去と、互いに譲りません。そうして口論が続き、二人は一気に離婚する事に…。


離婚後、会社を早期退職して母の介護に実家へ戻ったAさんは、二人の子供に支援を頼みました…が、二人とも拒否。実は過去、実家に行く度にBさんの悪口を聞かされてたんです。離婚して妻子から捨てられ、高齢の母と貯金も仕事も無いAさん。これからどうするんでしょうね…?


おわりに


二人の老後資金のためにと実家不動産を売却してもらい、それを嫁いびりした母のために流用したいと願っての離婚劇。いじめは加害者や傍観者には過去の話でも、被害者にとっては現在も続く「加害者に死を望む」程のキズです。くれぐれもご注意を。


関連リンク↓ 「不動産売却!息子にすら見捨てられ孤独死した老害老婆」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/10109/column_4420.html
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1183

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧