2017年04月13日
婚活FP 山本昌義

不動産!死してなお…葬儀で夫に絶望し売却した女性!

婚活FP 山本昌義

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


こんにちは。婚活FP山本です。どんな人であれ本来葬儀では冥福を祈られて当然であり、死者を冒涜するのは社会的に許されないハズ。…ですが敬老の精神が失われた現代では、必ずしもその社会性は通じないのかも。今回はそんな実話です。


結婚して数十年、ひたすら夫を支え続けた!


ある地方に60代の既婚女性Aさんがいました。Aさんは20代で少し年上の男性Bさんと結婚し、結婚後はBさんの実家不動産でBさんの親と同居。また結婚後は二人の子供も授かり、以後3世代でずっと幸せな結婚生活を営んできました。


ところでBさんは少々気難しくワガママな性格。大手企業に勤めて年収は良かったのですが、ご近所での評判はイマイチ…。それでも自分にとっては良き夫だったので、Aさんは結婚後ずっと懸命にBさんを支え続けました。ちなみに途中、実家不動産はBさんが相続!


ある日突然…葬儀で誹謗中傷が…!


そんなBさんも今では定年を迎え、慎ましやかに相続した実家不動産でのんびり過ごす日々。ところがある日突然倒れたのです。脳卒中との事でそのまま…。Aさんは葬儀の準備として、Bさんの関係があった色んなところへ連絡!


そして葬儀の当日、まさかの出来事が…。なんと葬儀に参列した一部の方から、Bさんの亡骸に向かって暴言を吐く方が現れたのです!それも複数!多くの方は「葬儀の場で何てことを…」という表情でしたが…。それほど憎まれていた…という事でしょうか。


周囲の哀れみ?に耐え兼ね…売却逃亡へ…


葬儀を汚されたAさんは当然にヒドく落ち込むと同時に、夫の人間性に絶望。一方、相続した実家不動産で葬儀後も暮らし続けてましたが、周囲の哀れみの目線が実に辛かったんです。夫との思い出が残る実家不動産でしたが、次第に売却して引っ越しを考えるように…。


結局Aさんは葬儀から約半年後、耐えかねて相続した実家不動産を売却。また実家不動産の売却後はAさんの実家へ戻ったとの事でした。何とも後味の悪い結末ですね…。しかしどれほど恨まれればこんな結果になるのやら…。


おわりに


結婚した夫は自分にとっては相応に良き夫だったのに、実は葬儀を荒らされる程嫌われてて、そして相続した実家不動産を売却して逃亡した話…。近頃では敬老から老害へと若者の見方が変わったと言われますが、さすがに葬儀の場では…。どうぞあなたもご注意を!


関連リンク↓ 「不動産!悪評に耐えかねて売却逃亡した最悪な老害老人」
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/yamamotomasayoshi/5111
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 880

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧