2019年05月20日
日経新聞を読まない君たちへ

失業率や有効求人倍率を知らないと不動産ビジネスで損するよ

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

日経新聞を読まない君たちへ


「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となくLINEニュースなどで済ませている人も多いのではないでしょうか。


そこで、最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。第7回目は、有効求人倍率と失業率について取り上げます。労働市場がいかに不動産と関連しているか、知っておきましょう。(リビンマガジンBiz編集部)


 

画像=PIXABAY


春の引越しシーズンも終わり、皆さん、一息ついた頃でしょうか。

そんな不動産業界の皆さんとは裏腹に、株式市場は大荒れです。

この際、せっかくなので覚えてください。株式市場には、「Sell in May(株は5月に売れ)」というアメリカの有名な相場格言があります。これ多分、世界で一番有名な相場格言です。

アメリカでは6月から秋にかけて株価が下がりやすいので、その前にいったん売っとけというのが本来の意味です。この言葉が真理を言い当てているからか、あるいは市場関係者がこの言葉にとらわれすぎているせいなのか、よくわかりませんが、本当に5月は株価が下がりやすい傾向があります。

そして今年も、トランプ大統領の通商政策のおかげで見事に大幅下落しました。5月おそるべし。 

意味がわからない人も、「今年もセルインメイだったね」とか言っておけば、株式投資を知ってる風を装えます。


さて、今回のテーマは失業率と有効求人倍率です。なぜ今、このお題を振られたのか、いまいちわからないのですが、日経新聞すら読まない人は、とりあえず知っておいた方がいいでしょう。 


2つとも、景気の基本的なモノサシとして、よく新聞やテレビに出てくるキーワードです。


まずは、言葉の意味から見てみましょう。


失業率(完全失業率)は、15歳以上で働く意欲のある人(これを労働力人口と言います)のうち、仕事がなくて休職中の人(これを完全失業者と言います)の比率です。会社やめちゃって、今、ハロワに通ってる、って人が完全失業者です。総務省が毎月発表しています。


2019年3月の失業率は2.5%でした。ちなみに、3月の完全失業者数は174万人で、18年3月よりも1万人増加。失業率も、18年3月は2.4%だったので、1年前に比べて0.1ポイント悪化しました。でもまあ、2016年の失業率が3.1%だったことを考えれば、今の水準はだいぶ低めです。



2ページ目:有効求人倍率って何なのか?


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 262

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧