2019年10月28日
日経新聞を読まない君たちへ

ソフトバンクが主導する投資ファンドって何なの?

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

日経新聞を読まない君たちへ


「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となく済ませている人も多いのではないでしょうか。それでは、心許ないので最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。前回は、最近何かと騒がしいWE WORKの周辺について解説しましたが、今回はSoftBankが主導する投資ファンドについて紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)


画像=PIXBaY


日経新聞を読まないみなさんはご存知ないと思いますが、ソフトバンクグループが10月23日、シェアオフィス「WeWork(ウィワーク)」を運営する米WeCompany(ウィカンパニー)に対して、総額95億ドル(約1兆円)の経営支援を行うことを発表しました。


WeCompanyは9月に予定していた新規株式公開(IPO)を延期したために、90億ドル(約9800億円)を調達し損ねて、資金繰りの悪化が懸念されていました。ソフトバンクがそんなWeCompanyを助けた格好で、実質的に経営権を握って建て直しを図ることになります。


WeWorkは、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資先を代表する企業でした。投資額は110億ドル(約1.2兆円)に上るといわれています。その会社がIPOを前に大コケしたことで、「ビジョン・ファンド、大丈夫なの?」という声があらためてでてきています。


そこで今回は、このソフトバンク・ビジョン・ファンドに注目してみます。



ソフトバンクはもはや携帯電話の会社ではない


そもそも、ソフトバンクって何の会社だと思いますか? 携帯電話の会社? ヤフージャパンの親会社? プロ野球の球団を運営する会社? いろんな顔がありますが、これから最も大きな事業になりそうなのは、投資です。


ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は、2019年8月9日に発表した、2020年3月期第1四半期決算の会見で、「もはや事業会社ではない」として、投資会社になることを宣言しました。そのソフトバンクの投資部門が、ビジョン・ファンドです。


ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、世界最大のテックファンド(テクノロジー関連企業に投資するファンド)です。運用規模は970億ドル(約10.5兆円)で、「10兆円ファンド」なんて呼ばれることもあります。このうち、33.1%(2019年6月末時点)をソフトバンクグループが出資しています。


このファンドの設立を発表したのは2016年10月。サウジアラビアの政府系ファンドも投資するということで当時、話題になりました。孫さんは、オイルマネーと手を結ぶことで、巨額の資金を確保することに成功したわけです。


このファンド、規模もすごいのですが、世界の新興テクノロジー企業のあらゆる分野に出資している点でもすごいファンドです。世界の注目企業が出てくると、ビジョンファンドが株主に入っていることが実に多いんです。


投資先企業82社の中には、WeCompanyのほか、英半導体開発大手のARM(アーム)、米配車サービス大手のUber(ウーバー)、中国のタクシー配車会社の滴滴出行(DiDi)、動画投稿サイト「Tiktok」を運営する中国のByteDance(バイトダンス)などすでに有名になっている企業のほか、インドのホテル運営のOYO(オヨ)、インドの決済会社paytm(ペイティーエム)など、日本ではマイナーだけれど、現地では注目のスタートアップ企業に軒並み出資しています。WeWorkやOYOについては日本での展開をソフトバンクが後押しするなど、事業を拡大させるための直接的な支援にも積極的です。



投資を進めるソフトバンクだけど、大丈夫なの?


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 208

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧