2019年10月28日
日経新聞を読まない君たちへ

リスク投資を続けるソフトバンク

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

リスクある投資を続けるソフトバンク


投資会社宣言をしたソフトバンクは、さらに企業への投資を拡大させていく方針です。7月には「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」の設立も発表しました。ファンドの規模は約1080億米ドル(約11.7兆円)で、米アップル、台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)、米マイクロソフトのほか金融機関などもお金を出す予定です。


このように、一見好調なビジョンファンドですが、業界の目は厳しくなってきています。2019年5月に上場したUberは、取引初日から記録に残る大幅安にみまわれ、今も株価は低迷中。WeWorkも、上場直前で問題が発覚しました。未上場企業への投資は、上場によってボーンと株価が跳ね上がることで大きな儲けを出します。IPO案件の不調が続けば、ビジョンファンドの目利き力に問題があるんじゃないか、ということになりかねません。


ソフトバンクグループは17兆円(2019年8月9日時点)もの有利子負債を抱えています。投資先企業の評価額の悪化は、資金繰りそのものに影響を与える可能性もあります。「お金がたくさんあるから投資している」のではなく、「かなりリスクを追って勝負をしている」のがソフトバンクの実態です。孫さんは、この勝負に勝ち続けられるでしょうか。


ソフトバンクの投資先についてはこちらから



最初から読む
  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 253

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧