2019年12月23日
日経新聞を読まない君たちへ

2019年の経済ニュースの主役は...あの人でした

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

2019年の経済ニュースを振り返る


「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となく済ませている人も多いのではないでしょうか。それでは、心許ないので最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。2019年の経済ニュース...主役はあそこだったな~。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=PIXABAY


みなさん、2019年は何回、日経新聞を読みましたか。2020年はもう少し読めるようになりましょうね。日経じゃなくてもいいけど、経済ニュースに触れる機会を持つと、話の幅が広がりますし、不動産営業にもプラスになるので、ぜひ。

 

さて、2019年は、「消えた2000万円問題」や消費税率10%への引き上げなど、政策的な話題も多くありましたが、やはり、令和元年の今年の主役は、良くも悪くも、ソフトバンクグループでしょう。


記憶に新しいところでは、ヤフー(現・Zホールディングス)によるファッションEC、ZOZOの買収です。9月のことでした。金額は4000億円。創業者の前澤友作さんはZOZOを引退することになりました。

 

10月には、米WeWorkの業績不信が大きく報道されました。おしゃれなコワーキングオフィスとして市場を席巻しているWeWorkですが、株式公開を目前に、経営状態が非常に悪いことが明るみになりました。WeWorkの株式評価額は大幅下落し、ソフトバンクグループと傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドは、合計約9000億円の損失を計上しました。ソフトバンクグループの中間決算は、1555億円の営業赤字に転落です。その程度にとどまったのはむしろすごいともいえますが、孫正義会長兼社長も認める「真っ赤っかの大赤字」です。

 

ソフトバンクグループの投資の「失敗」は、住まい関連サービスを提供するOYOにも及びます。12月に入り、ソフトバンクがOYO LIFEから資本を引き上げていたことが明らかになりました。社長もいつの間にか退任していました。スピード感溢れる損切りの背景には、WeWorkの失敗がありそうです。


OYOはインド発のホテルベンチャー。ソフトバンク・ビジョンファンドの投資先でもあり、日本ではOYO LIFEとして、「敷金・礼金なし、家具家電付き、スマホで契約できる」と大々的にサービスを開始しましたが、稼働率は低く、家主からの評判もよろしくなかったようです。OYOはOYO Hotels Japanとして、国内ホテル運営にも取り組んでいますが、こちらも料金をめぐってホテル側ともめているようです。

 

ソフトバンクグループとしては、11月にヤフーとLINEが経営統合を発表したことも話題になりました。日本に巨大インターネット企業が誕生するということで、世界と戦える企業になるかが注目されています。



次のページ:2020年も気になる不動産業界

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 714

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧