2019年12月23日
日経新聞を読まない君たちへ

2020年不動産テックの発展はあるか

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

というように明るい話題もあったものの、ソフトバンクグループはWeWorkとOYOという、海外から持ち込んだ二つの不動産関連ビジネスで失敗したことになります。いずれも、物件を借り上げて、改装したり、家具を置いたりして付加価値をつけて貸し出すことで、利ざやを稼ぐビジネスでした。

おしゃれな雰囲気やネットで手続きが完結する目新しさを打ち出したものの、本質は転貸モデルの不動産業。皆さんご存知の通り、もともと利幅が薄く、また稼働率と常に睨めっこをしなければならないビジネスです。ソフトバンクは転貸ビジネスを甘くみていたと言われても仕方がないでしょう。さしもの孫正義さんも、不動産については先を読むのが難しいのでしょうか。

そんなこんなで、2020年代が幕を開けます。不動産業は「不動産テック」というキーワードが話題になったものの、革新的なサービスはまだ登場しておらず、IT化の域を出ていません。不動産開発も、東京五輪というビッグイベントを超えた先の都市開発の将来像は心もとないですよね。人口減少の中で、どう不動産業を発展させていくのか。あなたはどんな10年間を過ごしますか。



最初から読む

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 95

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧