2020年01月27日
日経新聞を読まない君たちへ

日経新聞を読まないみなさんでも、さすがに「働き方改革」は知っていますよね

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

働き方改革を知っていますか?


「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となく済ませている人も多いのではないでしょうか。それでは、心許ないので最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。2020年、2回目のコラムでは「働き方改革」について取り上げます。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=PIXABAY


2019年4月1日に「働き方改革関連法」が施行されて、大企業は対応に追われています。大企業じゃないから関係ない?いえいえ、20年4月からは、一部の中小企業にも、法が適用されるんですよ。もはや他人事ではありません。


そもそも、人手不足の昨今、ブラック企業のままでは、まともな人材を採用するのは難しいはず。業種を問わず、人材を確保するためには、働き方に向き合わざるを得なくなってきています。


帝国データバンクが約1万社を対象に19年12月に実施した調査によると、働き方改革に「取り組んでいる」と答えた企業は60.4%。取り組んでいる企業は、19年8月の調査では37.5%だったので、大幅に増えたというか、半数以上の企業が働き方改革に取り組んでいることになります。

参考リンクはこちら


このデータをもうちょっと見てみましょう。企業の規模別に、働き方改革に取り組んでいる割合を見てみると、大企業は75.7%、中小企業は56.7%、小規模企業は41.6%でした。中小企業でもすでに半分を超えています。


では、どんな改革に取り組んでいるのか。一番多いのは、「休日取得の推進」で77.2%。次に多いのが、「長時間労働の是正」で71.0%でした。この二つが、働き方改革の定番のようです。



次のページ:働き方改革は続く

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 448

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧