2020年06月29日
日経新聞を読まない君たちへ

急増中らしい「ギグワーカー」とは一体?

日経新聞を読まない君たちへ

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

明日をも知れぬ身?新時代の自由人?ギグワーカーとは一体


「日経新聞くらい読めよ」社会人なら誰もが一度は言われたセリフです。そりゃ、客先で経済ニュースを語れるとかっこいいですもんね。でも、「だって、みんな読んでないしな…」と、何となく済ませている人も多いのではないでしょうか。それでは、心許ないので最低限に知っておいて欲しい経済ニュースを、経済誌の現役記者・編集者がこれ以上ないくらいにわかりやすく解説します。最近、増えているギグワーカーについて紹介します。アルバイトでもない、契約社員でも無い、果たしてその実態とは? (リビンマガジンBiz編集部)


画像=PIXABAY

コロナで働き方に対する考え方や環境がガラッと変わる中、「ギグワーカー」があらためて注目を集めています。働く手・企業、いずれにもメリットがある一方、補償がないために不安定な立場に置かれていることが問題になっています。


日経新聞を読まない君たちでも、ギグワーカーはご存知ですよね。ギグワーカーを知らなくても、すでにギグワーカーにお仕事を発注している人もいるかもしれません。ギグワーカーとは、ネットを通じて単発や短期の仕事を請け負う人を指し、国内に1000万人いると言われています。ギグワーカーのような働き方や、それによって広がる経済を「ギグエコノミー」と呼ぶこともあります。


ギグワーカーのお仕事受発注サイト大手「クラウドワークス」を見てみると、不動産業界ではネットに物件情報を公開する際の記事のライティングや物件写真の撮影などでの利用が多いようです。一般的には、配送や家事代行などのほか、プログラミングや文書作成、データ入力、翻訳などの仕事がギグワーカーの代表例です。最近は法務や人事、財務などいわゆる会社の間接部門の仕事も、ギグワーカーに依頼する流れがあります。


このギグワーカー、働く側、発注する企業側、双方ともメリットがあって市場が拡大してきました。


フリーランスにとっては仕事を受注する窓口を増やすことができますし、会社勤めのサラリーマンにとっては隙間時間で稼ぐ副業へのアクセスが容易になりました。最近は副業を解禁する企業が増えていますし、コロナで在宅勤務の時間が増えたこともあって、より一層、隙間時間の有効活用としてギグワーカーが増えそうです。


一方、仕事を発注する企業は、社員を雇うコストやリスクを回避しながら、プロフェッショナルに必要な時に必要なだけ仕事を発注できるメリットがあります。


業務の一部をフリーランスに委託すること自体は昔からありましたが、人づてだったり、口コミだったりで仕事を頼むことが多く、人脈がなければ仕事を見つけることができませんでした。しかし、インターネット上のプラットフォームが登場したことで、発注側と受注側がつながりやすくなっています。こうしたテクノロジーの進展と、働き方に対する考え方の変化を背景に、ギグエコノミーが拡大しているわけです。



▶いいことばかりあるわけない?厳しいギグワーカーの実態


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 142

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧