2017年01月11日
ユタロー

不動産を売却する時の不動産業者はどこを選べばいいの?

ユタロー

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

業者選びに悩んでしまう


不動産を売却する理由というのは本当に人それぞれです。不動産の買い替えであったり、転勤により引っ越してしまう場合、相続した不動産を処分したいなどなど。そのような不動産の売却の際には、どの業者に仲介をお願いしたら得なのかという疑問が出てくることでしょう。周りを見渡せばかなり多くの不動産業者を見つけることができます。その中で最も高く売却してくれる不動産業者にお願いしたいというのは当然の心理ですよね。


大手業者か地元業者か


不動産業者を選ぶ際に多くの人が悩むのが、手広い大手の業者が良いのか地元密着の業者が良いのか、という点です。大手であっても、地元業者であってもどちらにもメリットがあるとされています。あなた自身がどのような不動産を売却したいかによって、最適な不動産業者というのは変わってくるのです。それぞれのメリットデメリットを調べていきましょう。


大手業者のメリット・デメリット


メリット

大手業者を利用する一番のメリットは、やはり豊富なネットワークを有するということでしょう。大手というのは全国に店舗や情報網を持っていることが多いので、地元に暮らす人だけでなく、新たにその地域へ引っ越してくる予定の人もターゲットにすることができます。また、大手業者は知名度などを理由として買い手(購買意欲の高い人)を比較的多く抱えています。すぐに買い手が付く可能性がある=より高値で売却できる、という構図を考えれば買い手の多さは大きな利点となるでしょう。


デメリット

逆にデメリットとしては、地域密着ではないので地元レベルの細かなニーズを理解できていないことがあります。せっかく地元に買い手が居るのに、その顧客を発掘する能力が不足しているという可能性がある訳です。また、日々全国的な競争に晒されている営業マン達の中には、自らの実績を上げようと相場よりも安めに売ることを勧めてくる人が居るかも知れません(もちろん、そんな営業マンは絶対的に少数派ですが)。



地元業者のメリット・デメリット


メリット

地元業者を利用するメリットというのは、やはりその地域のニーズについて詳しいということです。また、地元業者には実際にそこに暮らす予定のある人が集まりやすくなっています。さらに同じ地域の取引実績も豊富にあるため、本当の相場を知っていることが多く、過去の売却値を見せてもらえたりもします。


デメリット

情報網が貧弱なため、転入予定の家族など新しい買い手の発掘にはどうしても不向きです。また、当然ながら広告や宣伝力が大手に比べると弱いので、本当は地元に購買意欲のある人がいるのに物件の情報が届かないという場合もあります。"


売りたい物件に合わせて選ぼう


自分の売りたい物件が全国的に広く買い手を求めたいのか、地元密着で買い手を求めたいのかを把握した上で業者を選ぶようにしましょう!


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 237

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧