ログイン/会員登録
リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサービスです
証券コード:4445

天白区の不動産売却・不動産査定なら ハウスドゥ! 天白原店 セントラル建物

愛知県名古屋市天白区の不動産売却・不動産査定なら

ハウスドゥ! 天白原店  セントラル建物 | 名古屋市天白区の不動産売却・不動産査定なら

名古屋市天白区の不動産売却のご相談は信頼と実績の『株式会社セントラル建物』にお任せください!

『株式会社セントラル建物』は名古屋市を拠点に
不動産の売買仲介をはじめ、不動産に関することなら何でも幅広く取り扱っております。
不動産はお客様にとって、もっとも大切なものの一つ。
不動産の売却に関するあらゆるご相談に、わかりやすく丁寧にお応えいたします。

弊社は、お客様と同じ目線に立ち、最善の方法を考えご提案できるよう日々知識や情報を収集しております。
どんな些細なご質問でも気兼ねなくぶつけてください。『分かりやすく・丁寧に』をモットーにご納得いただけるまでご説明いたします。一人でも多くの方にご満足頂けるよう努めてまいります。

まずはご相談ください!
名古屋市天白区の不動産売却なら
地域密着、豊富な実績の『株式会社セントラル建物』にぜひお任せください!"

ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物 ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物

名古屋市天白区の不動産売却対応企業の業務案内

弊社の特徴
ハウスドゥ天白原店は、お客様に安全で安心な取引をして頂くために、スピードと確実性、誠意を持って対応させていただきます。また、地下鉄鶴舞線「原」駅徒歩約5分という好立地で、毎月沢山のお客様がご来場されます、地域密着No.1を目標に掲げ、満足して頂けるご提案をさせて頂いております、少しでも高く売るための戦略をお客様と一緒に考えましょう、まずはお気軽にご相談ください。
不動産 売却・査定売却の流れ
【自分で探すのとプロに頼むのとの違い】

◇中古物件を売るときに、売主が自ら買主を探す場合と、不動産業者に依頼して買主を探してもらう場合では、メリット・デメリットがあります。

1)愛知県 名古屋市天白区で自分の物件を売るとき
・物件情報公開範囲が狭いため、買主が見つかりにくい。
・契約書作成や物件の引き渡しなど、すべて自分で行わなければならない
・専門知識不足でトラブルになる確率が高い。
⇒しかし、仲介手数料の支払は不要。

2)愛知県 名古屋市天白区の不動産業者に依頼し、物件を売るとき
・物件情報公開範囲が広い
・契約書作成や物件の引き渡しなど、手間のかかる手続きを代行してくれる。
・専門知識を活かして売買の条件等を調整してくれる。
⇒仲介手数料の負担が生じる

◇愛知県 名古屋市天白区で物件を買うとき
3)愛知県 名古屋市天白区で物件を買うとき
・インターネット環境の普及に伴い、買主が自ら物件情報を探すことは容易にできるようなったが、不動産業者は業者のみが閲覧できる情報ネットワークがあり、専門家に依頼することにより、幅広い情報を得られるようになる。
・また、自ら物件情報を探しても、売主と直接連絡が取れない場合は、売買契約が結べないため、物件情報を掲載している不動産業者に仲介してもらうことが必要です。
不動産 売却・査定の価格査定について
Q適正価格の見極め方を教えてください
不動産の適正価格は、どのようにして決められるのでしょう。

不動産の価格には、

1売主の「売却希望価格」2不動産会社の「査定価格」3「販売価格」4買主の「購入希望価格」5「成約価格」
があります。

1の「売却希望価格」は、売主の事情や希望によって決まります。
2の「査定価格」は過去の成約事例などから、不動産会社が売却できると判断した価格になります。
3の「販売価格」は、①と②を元に、売主の意向などによって決定します。
4の「購入希望価格」は「高くても価値があるので買いたい」「安く交渉して欲しい」など、買主の目的や志向、環境によって変わります。
5の「成約価格」は売主と買主間で合意した売買価格です。
上記をみても、不動産の「適正価格」を厳密に決めるのがいかに難しいかがお分かりいただけるでしょう。

実際、不動産の価格というもの自体が、不安定なものであることも事実です。

同じ場所の同様な物件でも、周りの環境の変化や経済情勢により、不動産価格は上がったり下がったりします。
一般的に、近隣に商業施設や病院、学校や幼稚園、道路などができると価格が高くなりますし、
反対に、大きなビルが建設され陽当たりが悪くなったり、近くに工場ができ、騒音がでるようになると、
安くなることもあります。
また周囲の環境にほとんど変化がなくても、バブル崩壊後には半分以下の価値になってしまった、という不動産もあります。
不動産 売却・査定の価格査定について
では、「適正価格」はないのでしょうか。

「適正価格」の参考になるものには、都道府県知事が年に一度公表する「基準地標準価格」、
各税務署が課税の金額を決めるために定めている「路線価」、国土交通省が年に一度公表している「公示価格」、
そして市町村が資産として課税基準を定めるために評価を行う「固定資産税評価額」などがあります。
「基準地標準価格」は各都道府県から、「路線価」は税務署、「公示価格」は官報で、それぞれ公表されます。

不動産会社が査定を行う場合には、上記のような公的な参考価格に加え、予め定められた査定マニュアルを参考に
査定価格を算出することが一般的でしょう。
その価格を基準に、プロの経験値から「この金額なら売れる自信がある」と思う独自の金額を提示してくるでしょう。


昨今はインターネットの普及から、自分でもおおよその相場を予測できるようになってきましたので、
「もっと高く売れるのではないか。」と思った場合には、交渉してみても良いでしょうが、高すぎると、
なかなか売れない、というリスクが生まれます。
長い間売れ残る物件は魅力がなくなりますから、適正価格の見極めは、冷静に行いたいものです。
ご自身でも相場をよく調べた上で、査定をしてくれた不動産会社と“根拠”をよく話し合い、
『適正価格』を見出していくのがベストだと言えるのではないでしょうか。
不動産 売却・査定の売却相談について
Q住まいを売るまで、どれくらいの期間がかかりますか?
いざ「売ろう!」と決意しても、いったいどのくらいで家って売れるものなのだろう?
多くの方が疑問に思うことだと思います。

売れるまでの期間がわかれば、新居への引っ越しなど計画が立てやすいですよね。
しかし正直なところ、はっきりとした期間については断言することができません。
様々な要素で物件の流通性は変わってきますので、売りたい気持ちが大きくても1年以上かかる場合もあれば、
気長に待つつもりでいても1週間程度で売れる…なんていう場合もあるのです。

それではどのように目安をつければよいのでしょうか。

まずは、ご自身の物件について客観的にみてみることが大切です。
人気物件なのかそうでないのか、売却期間に無理はないか、適正価格はどのくらいになるのか。
これら全て、なかなか自分だけでは判断しかねると思いますので、依頼した不動産会社の担当者に正直なアドバイスをもらった方が良いでしょう。売却の委任契約の期間は通常3か月間とされているので、売主と同じくらい不動産会社も早く売却したいと考えていますので、親身になって売却の相談にのってくれるはずです。その際、どのくらいの期間で家を売りたいという希望などがあれば、それも担当者にはっきりと伝えておきましょう。

また、どうしてもこの日までに売却しないといけない、という期日がある場合は、『買い取り』という方法もあります。相場よりは価格が安くなってしまいますが、早期に売ってしまいたい場合にはより確実な方法だと言えるでしょう。人気物件でない場合は売却期間が予想以上に長くなる場合もありますので、こうした方法を選ぶのも一つの手段でしょう。また、ある程度早いうちに売却してしまいたいが、買い取りは避けたい…と思う場合は、欲張らず買い手の反応をみて価格を下げるなど、柔軟に対応することが早めに売却するための心得と覚えておきましょう。
媒介契約
不動産会社に売却の依頼をする時には、「媒介契約」を結びます。
「媒介契約」とは、不動産の売却を依頼する時の、細かな約束を書面で確認するものです。
内容は、売却したい物件の正確な内容、販売(売買)依頼価格、依頼期間、報酬額(仲介手数料)などです。

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類の契約があります。
それぞれの特徴と、メリット、デメリットをまとめました。
専属専任媒介契約
1社の不動産会社に売却の依頼をおまかせする契約です。

たとえ売却の依頼者ご自身が購入希望者をみつけられても、媒介契約を結んだ不動産会社を通さなければ売買することができません。不動産会社にとっては、確実に報酬を得られる契約で、一般的に一番熱心に営業してもらえる、といわれています。

専任媒介契約
1社の不動産会社に売却をおまかせする点は、上の専属専任媒介契約と同じですが、専任媒介契約の場合は、売却の依頼者が直接、買主を探すことができます。この場合は不動産会社に対して仲介手数料を支払う必要はありません。

ただ、その時には不動産会社の仲介なく、個人で不動産売買契約を結ぶことになり、相手によっては契約トラブルになる心配もあります。知らない相手の場合には、不動産会社に仲介してもらう方が安心でしょう。

一般媒介契約
複数の不動産会社に売却の仲介をしてもらう契約です。

間口が広い方が、早く買い手が見つかる可能性が高くなることに加え、業者間の競争原理が働くため、熱心に販売してもらえる、という見方もあります。



なお専属専任媒介契約と専任媒介契約を結んだ場合には、不動産会社は、あらかじめ契約書で定められた方法で、販売状況を依頼者に報告する義務が生じます。一般媒介契約にはその義務がありません。 報告期間は、専属専任媒介契約では1週間毎、専任媒介契約では2週間毎になっています。

また、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」の場合には、不動産流通機構(レインズ)という、不動産情報システムへの登録義務があります。ですから、専属の契約をしている不動産会社以外の不動産会社も、レインズを通じて情報を閲覧、取得することができます。

名古屋市天白区の不動産 売却・査定を担当する会社

会社名 ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物 ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物
代表者 本間 秀樹
所在地 〒468-0015
愛知県名古屋市天白区原 2-3411
電話番号
052-800-2477
052-800-2477
フリーダイヤル
0120-565-652
0120-565-652
FAX番号 052-800-2478
URL http://tenpakuhara-housedo.com/sell/
許認可・免許番号 愛知県知事(1)第23353号
加盟団体 (公社)愛知県宅地建物取引業協会会員
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
取扱物件
  • 一棟アパート・一棟マンション

名古屋市天白区の不動産売却は『セントラル建物』にお任せ!

"『株式会社セントラル建物』は名古屋市を拠点に
不動産の売買仲介をはじめ、不動産に関することなら何でも幅広く取り扱っております。
不動産はお客様にとって、もっとも大切なものの一つ。
不動産の売却に関するあらゆるご相談に、わかりやすく丁寧にお応えいたします。
まずはご相談ください!
名古屋市天白区の不動産売却なら
地域密着、豊富な実績の『株式会社セントラル建物』にぜひお任せください!"

ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物の写真一覧

外観

内観

ドリンクもご用意しております、カフェに立ち寄った感覚でくつろいでご相談頂けます。
ドリンクもご用意しております、カフェに立ち寄った感覚でくつろいでご相談頂けます。
コンビニのように、気軽に物件探しをして頂けるような店舗作りを目指してます、お気軽にお立ち寄りくださいね。
コンビニのように、気軽に物件探しをして頂けるような店舗作りを目指してます、お気軽にお立ち寄りくださいね。
キッズコーナーの横にもテーブルをご用意してありますので、お子様連れのお客様でも安心してご相談頂けます。
キッズコーナーの横にもテーブルをご用意してありますので、お子様連れのお客様でも安心してご相談頂けます。
戸建・マンション・土地と物件資料を整理してありますので、ゆっくりとお探しの物件を見つけて頂けます。
戸建・マンション・土地と物件資料を整理してありますので、ゆっくりとお探しの物件を見つけて頂けます。

スタッフ

ハウスエージェント 新海 潤
初めてお家を購入するときのご不安な気持ちやワクワクする気持ちも分かっているつもりです、お客様の目線に立って全力でお手伝いさせて頂きますので、お気軽にご相談ください!
ハウスエージェント 新海 潤 初めてお家を購入するときのご不安な気持ちやワクワクする気持ちも分かっているつもりです、お客様の目線に立って全力でお手伝いさせて頂きますので、お気軽にご相談ください!

ハウスドゥ! 天白原店 株式会社 セントラル建物の所在地(愛知県名古屋市天白区原2-3411)

所在地

468-0015
愛知県名古屋市天白区原 2-3411

【ご注意】地図は、おおよその位置を示すものであり、正確な場所が表示されない場合もありますので、ご了承下さい。

その他関連サービス一覧

リビンマッチ対応サービス

不動産売却対応エリア

簡単3STEP♪ 最短45秒 簡単入力でスグ分かる!

  • STEP1査定を依頼する

    査定依頼

    査定をしたい不動産の情報とお客様の連絡先等を入力して依頼完了。早ければ数時間程度で依頼をした会社から連絡がきます。
    希望や相談する内容があれば、その内容も伝えましょう。

  • STEP2査定結果が届く

    結果発表

    各会社から、査定結果が届きます。同時に売却方法についての提案をしてもらえます。
    正確な金額を把握する場合は、訪問査定の希望を出しましょう!

  • STEP3比較&検討する

    比較&検討

    各会社の査定結果を元に、比較検討します。
    契約をする前に、どの会社に依頼をするかしっかりと検討しましょう。

ご利用の流れ

不動産売却と査定の流れ

一般的な不動産売却の流れを説明します。

売却相談
不動産の売却は、価格の査定から。ご要望・お悩み等をご相談ください。
不動産の価格を査定
簡易査定は近隣の売却事例などから概算を提示。訪問査定は現地を確認し、査定価格を提示します。また、必要に応じて売却物件を調査します。
媒介契約
不動産の売却を決断したら媒介契約を締結します。媒介契約は、一つの不動産会社に売却の依頼をする専任媒介契約(専属専任媒介契約)と複数の不動産会社に売却の依頼ができる一般媒介契約があります。
不動産売却活動
売却する不動産の情報をネット・チラシでの広告や指定流通機構(レインズ)など不動産の売買情報ネットワークに登録し売却活動を行います。
不動産売買契約
購入希望者が見つかった場合、売主・買主間で各種条件の調整を行い売買契約を締結します。
代金の受領・物件引渡し
売買代金を受け取りと同時に物件の引き渡し及び所有権の移転登記を行います。売却益がある場合には、確定申告が必要となります。

こんな方におすすめ

  • 名古屋市天白区で不動産売却に強い会社を探している
  • 名古屋市天白区近隣の不動産の売却相場や状況について知りたい
  • 複数の不動産会社に不動産の査定価格を相見積もりして比較したい
  • 今の不動産会社の担当者と相性が悪い
  • 不動産を売りたいがどこに依頼していいかわからない
  • 仲介手数料など不動産売却における費用が知りたい
  • 不動産売却にかかる税金について知りたい

お客様とのお約束

サービスは完全無料
当サイトの利用料はすべて無料です。当サイトがお客様に費用をご請求することは一切ありません。
物件は公開されません
当サイトの利用によってお客様の不動産物件や個人情報が許可なくネットなどに公開されることはありません。
個人情報は保護されています
pMark当サイトはプライバシーマーク認定企業のリビン・テクノロジーズ株式会社(認証番号:10830322【06】)が運営しています。お客様の個人情報は大切に保護されています。

お電話でのお問い合わせ

この会社で不動産を査定する