ログイン/会員登録
リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサービスです
証券コード:4445

フィットワン | 墨田区の住み替え・買い替えなら

東京都墨田区の住み替え 買い替えなら

フィットワン | 墨田区の住み替え・買い替えなら

墨田区の住み替え・買い替えならフィットワン

長年における地場の不動産関連ネットワークを活用した不動産売却無料査定は江東区・墨田区の『現在』相場を毎日の
データから算出しタイムリーな売り出し相場価格を把握していますので、売却に繋がりやすい適正な価格をお知らせする
ことが可能です。クイック査定は非対面方式、無料で地域に特化したおりますので評判を頂いています。そして、正確な
査定を知りたい方には、最短で当日中に江東区墨田区不動産買取の専門スタッフからご連絡させていただく専門査定も
ご好評いただいております。
※※仲介手数料・お値段など頑張ります!

・住み替え・買い替えのご相談をこれまで承ってきた当社だからこそ、お客様のご要望にお応え致します!
・不動産の売却・購入は「人生の大イベント」だからこそ、我々フィットワンは、お客様の人生設計・プランに
フィットする仕事を遂行致します!

★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:

江東区、墨田区、江戸川区の不動産の売却・購入は私共お任せください!
ご家族の成長、お客様のキャリア、これからの人生設計ー。
まずはお気軽にご相談くださいませ。住み替え・買い替えの実績多数あり!
皆様との出会いをお待ちしております!

★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:★☆*-:

テイクワン株式会社 テイクワン株式会社

墨田区の住み替え 買い替え対応企業の業務案内

墨田区の住み替えについて
東京都江東区、墨田区の不動産エキスパート『フィットワン株式会社』へようこそ!

私たちフィットワン株式会社は東京都江東区、墨田区をメインとする江東区亀戸の不動産会社です。
戸建、土地、マンション購入のご相談また相続、借地や底地、再建築不可でお困りの方のまた不動産物件の買取を専門相談スタッフを中心に承っております。
ネットワークを最大限に活用し地域を重視した当社不動産購入サポートへお気軽にご相談くだい。
江東区、墨田区の不動産の売買・買取に強い!江東、墨田地域密着地元不動産のネットワークをフル活用してお客様のお住まい探しサポートをさせていただきます。

墨田区の住み替え・買い替えを得意とする不動産会社

会社名 テイクワン株式会社 テイクワン株式会社
代表者 竹石 直也
所在地 〒136-0071
東京都江東区亀戸 6丁目2-3 田邊ビル 7F
最寄駅 亀戸駅
電話番号
03-5626-20520
03-5626-20520
FAX番号 03-5609-7841
URL https://fitone2008.es-ws.jp/
資本金 1000万円
設立 2008年4月
許認可・免許番号 東京都都知事免許(2)第89356号
加盟団体 (公社)全日本不動産協会
営業時間 9:00~18:30
定休日 毎週火曜日・水曜日
事業内容 ■不動産の売買・仲介・斡旋業務
■宅地の開発・造成及び分譲販売業務
■損害保険及び自動車損害賠償保障法に基づく保険代理業務
対応エリア 墨田区・江東区・江戸川区
主な取扱物件 分譲マンション、土地、戸建て、一棟アパマン
取扱物件
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地

墨田区の住み替え買い替えは「フィットワン株式会社」へ!

東京都江東区、墨田区の不動産エキスパート『フィットワン株式会社』へようこそ!
私たちフィットワン株式会社は東京都江東区、墨田区をメインとする江東区亀戸の不動産会社です。
戸建、土地、マンション購入のご相談また相続、借地や底地、再建築不可でお困りの方のまた
不動産物件の買取を専門相談スタッフを中心に承っております。

テイクワン株式会社の写真一覧

内観

テイクワン株式会社への交通アクセス(東京都江東区亀戸6丁目2-3 田邊ビル 7F)

所在地

136-0071
東京都江東区亀戸 6丁目2-3 田邊ビル 7F

アクセス

JR総武線/亀戸 歩5分

【ご注意】地図は、おおよその位置を示すものであり、正確な場所が表示されない場合もありますので、ご了承下さい。

テイクワン株式会社の住み替え・買い替え以外の関連するサービス

リビンマッチ対応サービス

不動産買取対応エリア

不動産売却対応エリア

墨田区の住み替え・買い替えならテイクワン株式会社

住み替えにかかる平均的な期間は、3ヶ月~半年が一般的です。
その期間中に、「現在の家の売却」と「新しい家の購入」の2つ作業を完了させる必要があります。
両方が同時に完了するのが理想的ですが、実際には、売却か購入のどちらかを優先してすすめることが多くなります。

墨田区の住み替えのながれ

墨田区の住み替え・買い替えの主なパターン
パターン メリット デメリット
売り先行型
(売ってから買う)

メリット

  • +

    初に現在の持ち家を売却して資金を得られるので、新居の購入資金に充当できる。そのため、資金計画が立てやすい。

  • +

    売り急ぐ必要がないので、じっくり売却活動ができ、買い手と有利に交渉できる。

デメリット

  • -

    住みながらの売却になるため、きれいに住んでいないと内覧で不利になることもある。

  • -

    売却完了(引き渡し)までに購入物件に入居できない場合、賃貸住宅などで仮住まいが必要になる。

  • -

    仮住まいの費用がかかる。

  • -

    仮住まいと購入物件で2回の引っ越しが必要になる。

買い先行型
(買ってから売る)

メリット

  • +

    まず新居を購入してから現在の持ち家を売却する方法のため、「売却完了まで(引き渡し)」などの期限に迫られることなく、じっくり購入物件を探せる(買い急がなくてよい)。

  • +

    新居を買ってから現在の家を売却するので、仮住まいが必要ない。

  • +

    新居に引っ越した後、空き家になるので家の全てを購入希望者に見せられる(短所を補修してから売り出せる)。

デメリット

  • -

    売却資金に頼らず新居を購入するので、資金力が必要(購入資金を先に用意する必要がある)。

  • -

    売却価格や売却時期が確定していないため、資金計画が立てづらい。

  • -

    売却が遅くなると、新居と合わせて住宅ローンが二重になる可能性がある(二重ローン、ダブルローン)。

  • -

    売却を急ぐと売却額が安くなりやすい。

売り買い
同時進行型
  • +

    売り買い同時進行型とは、現在の家を売りに出しながら、住み替え先の新居を並行して探す住み替えパターン。
    売却と購入を同じ不動産会社と契約して「自宅を一定期限までに一定金額以上で売れない場合は、売買契約を白紙にする」という「買い換え特約」を付けることもあります。

  • +

    また、一般的な仲介で売却が難しい場合、不動産業者に直接買い取ってもらう方法もあります(業者買取)。業者買取の場合、売却額は仲介よりも下がってしまいますが、短期間で確実に売却できます。一定期間は仲介で売りに出すが、期間内に売れなかった場合は不動産業者が買取るという「買取保証」という制度もありますので相談してみるとよいでしょう。

「売り」「買い」とも
同じ仲介会社がいいの?

売却、購入を別々の不動産会社と契約することもできますが、その場合、自分ですべてコントロールする必要があります。住み替え(買い換え)はタイミングが最重要。売却、購入の不動産会社を同じにすることでタイミングが調整しやすくなります。東京都墨田区の住み替え、買い替えならテイクワン株式会社。

住宅ローンが残っていても住み替えできるの?

  • 可能です。実際、住み替え・買い替えをする人の多くは住宅ローンの残債がある状態で実現しています。とはいえ、住宅ローンを完済しないまま不動産の売却はできません。現在の家に抵当権(=担保)が設定されている状態での売却はできないということです(抵当権抹消)。自宅の売却は住宅ローンの残債を一括返済してから行う必要があります。
  • 返済資金は、通常、売却代金で賄います。売却金だけで足りない場合は、貯蓄など手元資金から捻出して返済します。それでも不足する場合は、「住み替えローン」「買い替えローン」という専用ローンを利用できる場合があります。住み替えローン(買い替えローン、買い換えローン)とは、売却代金で賄いきれない住宅ローン残債を新たに購入する新居の住宅ローンに上乗せして借りることができるものです。東京都墨田区の住み替え、買い替えならテイクワン株式会社。
お電話でのお問い合わせ

この会社で不動産を査定する この会社に購入の相談をする