一戸建て住宅を理想的な形態について災害の観点から検討すると、平屋建てが理想とされています。これは、災害に対して安全性や動線がシンプルで使い勝手が良いという理由があるからです。
しかし、地震大国日本において、現在の主流は2階建てです。これは十分に土地がないことが最大の理由です。ただし、当初はこのような妥協の産物であったのが、展望がよいとかプライバシーが守られるとか付加価値がつき、別のメリットが生まれてきました。もっと土地を有効に使いたいという要望から3階建てが生まれました。
一戸建ての買取を検討する時、自宅の条件がどのようなものか考えてみると良いでしょう。やはり、土地や建物の面積が広い場合には平屋建てでも高値で取引される可能性も増えます。
しかし、住宅の成約価格ほど、個々に異なるものはありません。そのため、それぞれの状況に応じて買取を依頼するかどうか、本当に買い替えが必要か検討し、十分に意味があると判断した段階で不動産業者に相談すべきでしょう。