不動産買取の契約では、先ず担当者からの事項の説明を受けるようになります。また契約書では分からない点はよく確認をする必要があります。契約書の文面に問題がない場合には押印をすることになります。こうした契約時に必要になるものとして実印等が必要になります。この不動産買取では急いで不動産を売却したいという方には一般的な仲介であると買い手を見つけるまでに時間がかかる場合もあります。このため不動産業者に不動産を直接買取ってもらう方法もあります。不動産買取での査定の依頼では仲介の場合と基本的には違いがありません。こうして現場を見てもらうことになり、業者に所有する物件を査定をしてもらった後、買取価格の提示がされるようになります。次に売買スケジュール等を打ち合わせをすることになります。この打ち合わせで金額に納得をした場合には売買で必要になる書類等を準備して提示をされた買取価格で契約をすることになり、引渡しの準備を行います。