不動産で行われる売買の流れは、まず自分が住んでいる物件の買取りを行う際に不動産を仲介役として物件買取りサービスを行う会社と売買契約を結んだ場合、会社から査定が行われ一ヶ月後に判定されます。査定に通ることができた場合は、自分の持家を買取り先の方に売ってお金にすることが可能です。
買取サービスを行う会社は東京都に約50件くらい存在しており、東京にある物件は他の地域と比較すると多いため、年に30回以上の物件の買取りが行われますが、目安として良い物件かどうかを決める調査が行われます。良い物件の条件は建物自体がまだ新しいか、防音設備ができているかによって買取りされる価格が違って中古の物件より高い値段で売ることができます。
査定は一般の方で希望していることも多く、自分の住んでいる家が買取りすることが可能なのかを電話で直接聞くことがありますが、広告期間は半年後となっており買い手が見つかると現地での案内が開始されることもあって買い手の希望者が何人も存在しているにも関わらず、買い手が中々決まらないことがあります。