不動産の売買では、買取と仲介の二種類から選択することができますが、どちらがお得なのかを判断するには、メリットを知ることも大切ですがデメリットを理解することも大切です。どちらを選択するかは、デメリットを理解しながら、自分の考える希望条件や状況に合わせて選ぶとで好条件を引き出すことが可能です。
不動産買取のメリットは不動産業者が買取を行うのが普通ですから、自分で買主を探す必要が無い点にあります。手間が掛らないと言う点では、仲介に比べてもメリットが多くなりますが、その分不動産業者の利益を考えた買取価格が設定されますから、必ずしも自分が納得できる価格での売却ができないデメリットがあります。
仲介によって不動産を売却するメリットは、居住しながら買主を探すことができる点や、納得のいく価格が引き出せるまで時間を掛けて買主を探すことができる点にあります。デメリットとしては、居住しているにもかかわらず内覧希望者が訪れる点や、売却に時間を要する点があります。売却価格にこだわり過ぎると、売却のタイミングを逃してしまう可能性もあります。ですから、妥協点を持つことが大切です。