一戸建てを買取してもらい、そのお金を用いて新しい住居へ引越しをする場合は色々なリスクが発生することがあります。それらのリスクはきちんと理解をしておきましょう。まず、一戸建てを買い取ってもらったとしても、安い値段で買い取られてしまうリスクがあります。住宅の値段というのは新築の時が一番価値のある状態であり、そこからどんどん値段は下がっていくからです。土地の値段が上がっているのならば、買取の際の値段が購入時の値段を超えることがありますが、そういうケースは珍しいでしょう。
また、そもそも引越しをすることにもリスクは潜んでいます。今まで住み慣れた土地を離れて、新しい場所で生活を始めることになります。そこの環境に慣れることができるかどうかは分かりません。また、子供がいる場合は、子供たちがその環境になかなか馴染めない場合もあります。また、新しい住居にも色々な問題が潜んでいる可能性があります。このように様々なリスクがあることを理解しておきましょう。