住宅を買取という方法にて売りに出そうと思う場合、売却までの時間を短縮できたり、何人もの買い主候補と接したりという煩わしさを軽減できます。しかしそれ以外にも秘訣を学んでおくならば、手続きを進める上で不必要な労力や時間、あるいは費用を取られないようにすることができます。
その一つに住宅の引渡し条件というものが挙げられます。住宅をどのような状態で買い手である不動産業者に引き渡すかということです。例えば取り外しの面倒な家財、照明やエアコンを置いたまま引き渡すと、その処分費用を請求される場合もあります。こうした内容はその買い手である不動産業者によっても違いが出てくるのであらかじめ確認し、相談しておくことが大切です。せっかくの売却による益がこうした余分な費用で目減りしてしまうことがないように気をつけたいものです。その他にも買取先の不動産業者を選ぶ際に地元の住宅情報や長年の価格変動に通じた地元の不動産業者を選ぶこともうまく買取を進めるための秘訣です。