土地や物件を売却する事になり買手を探すのであれば広告を出したりと販売活動が必須となってきます。しかし、広告は個人で出すのは非常に困難です。その為、不動産売却の際は不動産会社に依頼するのが一般的です。不動産会社に営業活動を行ってもらい購入希望者を探す事となります。
不動産会社が買い取ってくれる買取と違い、購入希望者を探す仲介による売却は不動産会社の営業納涼が少なからず関係してきます。また、不動産会社と結ぶ契約によっては営業活動における義務の有無が変わってきますから、結んだ契約によっては不動産会社の助けをあまり受けられない場合があります。
不動産会社の営業スキルは担当者の対応でも測る事が出来ます。不動産会社に相談に行った時に担当者の対応力があるかを見る事でどのくらい営業スキルを備えているかも判断出来ます。営業スキルのあまりない会社と専任媒介契約を結ぶと買手探しに苦労する可能性もあり注意が必要です。