土地を売却する際に不動産会社と結ぶ契約は3つの種類があります。自分で買手を探す事ができ、他の不動産会社に依頼も出来る一般媒介契約。自分で買手は探せるが他の不動産会社に依頼出来ない専任媒介契約。自分で探せず他の不動産会社に依頼する事が出来ない専属専任媒介契約の3つの契約があります。
一般媒介契約と違い専任と専属専任媒介契約では、不動産会社側が売主に損をさせない様に積極的に買手を探す努力をする義務があります。大手の不動産会社の場合、広いネットワークを持っているため、買手を見つけられる確率も高くなります。また買取保証が受けられるのは専任と専属専任媒介保証の2つだけです。
専属専任媒介契約は3つの中で最も売主の自由度が低い契約です。その代わり最も売主の為に行動をしなければいけない契約となっています。広告も沢山出してくれます。大手の会社であればより広告の効果は期待出来ます。自分で買手を探す予定がないのであれば、専属専任媒介契約を結ぶのが最適といえます。