不要な土地を売却したいと考えている人は沢山います。現金化までのスピートに拘らないのであれば出来る事だけ高く売却したいと考えています。そのような場合の売却方法としては不動産会社に仲介に入ってもらい買手を探す方法が最適です。新聞やインターネットに広告を出して買手を探します。
仲介による売却は不動産会社が買い取ってから一般顧客に売却するのではなく直接一般顧客に売却します。その為、不動産会社がリスクを負って買い取るのとは違い売却額は買取よりも高額になります。広告料が発生する為に不動産会社に仲介手数料を支払う必要がありますが、それでも十分メリットのある売却方法といえます。
土地をどのように利用するかは顧客によって異なります。したがって、顧客により土地の価値が変わり、土地に付ける値段も変化してきます。現金化を急がないのであれば、自分が望む金額で買い取ってくれる顧客を探す事も可能です。自分は望む通りの金額で売る事ができ、顧客は望む土地が手に入るというどちらにもお得な方法といえます。