親から相続した土地を買取にて売却した際に利益が生じれば譲渡所得税という税金が課せられます。この時の取得原価は被相続人が取得した時の金額から原価償却相当額を引いた金額となります。もし、価格が不明の時は譲渡額の5%となります。土地売却の税金はとても高額になるので専門家に相談するのがいいでしょう。
相続した土地の譲渡所得に対する税率は譲渡期間により変化します。非相続人の所有期間も含めて5年超の長期譲渡の場合は税率は20%となり、それよりも短い期間の短期譲渡の場合税率は39%となります。相続してから生活の本拠としていた場合は3000万円控除を適用する事も可能です。
土地や建物を売却した時の譲渡所得に対する税金は、分離課税として事業所得や給与所得とは別に計算します。相続した土地も同様ですが、相続税を経費とする事で譲渡益を軽減する事が可能です。これにより本来掛かるはずの税金を無しにする事が可能です。これは相続税+譲渡税を支払わないようにする特例です。