不動産を売却する場合は、できる限り高値で売却する事が理想的です。しかし各地域にも相場がありますから、相場を目安に買取価格を判断する事が適切です。その為には不動産の売却を行う前に、周辺の相場を調べる事が必要です。周辺相場を事前に把握する事で、今後の目安になる可能性は高いです。
ある程度情報を仕入れた後は、実際に不動産会社の査定を受けると良いです。査定が完了すれば、買取価格を比較して一番高値の業者と交渉する事ができます。ただし余りにも相場より高すぎる買取価格を査定してる場合は、その理由を確認する事が大事になります。しっかりとした理由が確認できれば改めて検討できます。
現実的には相場の8割くらいを目安にするのが確実です。それでも十分な買取価格になる場合が多いです。後は物件の状態も確認しながら、買取価格を決定する形になります。その時には安易に妥協しない事が大切です。まずは相場より少し高めの希望を伝えて、そこから売れる金額まで調整するのが望ましいです。