不動産買取制度というものがあります。これは仲介でなく、完全に業者に買い取ってもらうことを指し、色々と違いがあります。まず、瑕疵責任がありません。仲介ですとあくまで不動産業者は仲介をしているだけで瑕疵責任については完全に売り手にあるのです。これには十分に注意する必要があります。
買取の相場は少し安いです。仲介してもらうよりも安くなります。買い取りですと前述の瑕疵責任というものがないのです。あくまで専門家である業者が買い取るわけですから、責任は業者にあるということです。もちろん、必ずしも売れるわけではありませんから、注意することです。一つの業者に拘る必要はないです。
見積もりをしてもらうことは無料ですから、まずは最初に見積もりをしてくれたところを目安にしてじっくりと色々な業者に見積もりを依頼して比較検討することです。そうすれば、出来るだけ高く購入することが出来るようになります。これが最もベストな方法になり、是非とも実行するべきです。