不動産買取でお客様にメリットがあることは、不動産で自分の持家を公表し、自分の家の買い手を見つけた後、一週間ぐらいで持家の買取金を現金に換えることができ、買い手に自分の持家を直接販売するわけではなく買取を行う会社の関係者が売り手と買い手の仲介役になるため、売り手のプライバシーを保護してくれます。
売り手である方が持家のローンを背負っていたとしても、残りのローンは会社の関係者が負担してくれますから買い手に問題なく売ることができますが、その場合申込み用紙に残っているローンがどのくらいあるのか記録して運営側に提出する必要があります。あと二人の間で起きた売買契約の仲介手数料は会社によって無料になる場合があります。
自分の持家を買取りする場合、建物が少々古かったり錆びている状態でもリフォームをしたり改築して綺麗にするような作業は不要となり、現状維持のまま買い手の方に売ることが可能です。しかし限度があるため買取りする家が売れるか売れないかを営業の方が調査して判断することもあります。