通常、あなたが所有する中古住宅の売却を、不動産業者に依頼し、売却活動を行なう際には「媒介契約」というものを結びます。単に不動産業者に買取をお願いするだけでなく、媒介という言葉は、仲介と同じような意味を持っています。つまり売主であるあなたが、新しい買主を見つけるのであれば、仲介してくれる不動産業者と交わす契約です。
通常、売主であるあなたは複数の不動産業者に見積もりを出したり、買取価格の提示を依頼することが出来ますが、複数の業者に依頼することを「一般媒介契約」と言います。この契約をする場合、具体的にどこの業者に依頼を出しているのかを明示しなければならない事があります。
その他の種類としては、ひとつの不動産業者にのみ仲介を依頼する「専任媒介契約」があります。この契約の場合、2週間に1回程度、不動産業者が売主であるあなたに、業務の進行内容を報告してくれます。また、ひとつの不動産業者にしか依頼できず、もし他の業者に依頼していた場合は違約金を支払わなければならない「専属専任媒介契約」があります。