土地活用の方法(種類)とその特徴について

使用していない土地は、所有しているだけでも税金が発生してしまい、何もしていない場合は費用が無駄に出ていきます。
しかし、有効に土地活用を行うことにより節税につながるだけでなく、収入を得ることができ所得増加につなげることもできます。

土地活用の方法や種類について

・アパート経営・マンション経営の特徴とは

土地活用の方法の一つに、アパートやマンションなどを経営することにより所得を得る方法があります。

この種類の土地活用は、アパートやマンションを建設しなければいけないため、初期費用がとても多くかかることになります。
そのためアパートやマンションを経営する場合には、ある程度の資産があり、建設後何年で投資額を回収できるかといった綿密なシミュレーションが必要になります。

しかし、アパートやマンションを建築することにより、建物があることで固定資産税も更地より安くなり、定期的に収入を得ることが可能になります。
予算と土地の大きさ、そして立地条件などが良い場合には、アパート経営・マンション経営による土地活用は、収入もまとまっており安定しているといえるでしょう。

・駐車場経営、借地経営の特徴とは

土地を利用して定期的に収入を得る方法には、駐車場経営や借地経営なども挙げられ、これらはアパート経営やマンション経営に比べて初期費用が少なく済むことが特徴になります。

駐車場を経営する場合には、駐車スペースがあれば問題なく、また整地してあれば改めて地面を舗装する必要もないため、白線を引いたりロープを張ったりするだけでも経営することができます。
そのため、初期費用を抑えることができ、予算がそれほどない場合などでも経営することができます。

また、借地経営では土地を貸して収入を得ることになりますが、その際には短期間だけ貸すことは少なく、長期にわたり収入を得る機会を設けることが可能になります。

・土地売却、等価交換の特徴とは

土地活用をする場合にマンションや駐車場を経営して定期的に収入を得ることも選択肢の一つになりますが、管理があるため大変なものになります。
そのように管理などをしたくない場合には、土地売却や等価交換をすることで収入などを得ることも選択肢の一つです。

土地売却はそのまま使用していない土地を売却して収入を得ることになり、土地が順調に売却できれば比較的早い段階でお金を得ることができます。
そのため、資産の組み換えが可能になり、また固定資産材などの負担が軽減できるため、税金対策などをすぐに行いたい人にはおすすめの方法となります。

等価交換の場合には、出資した土地の評価額に相当する分を、開発業者などが建設した建物から取得する方法になります。
等価交換では金銭が動くわけではないので、譲渡所得税がかからず節税対策にもなります。