アパート経営・マンション経営をはじめる手続きの手順や流れ

アパート経営・マンション経営を始めるにあたり、必要な手続きや手順について理解を深めておくと、経営の計画が立てやすくなり手続きの時に戸惑うことも少なくなるでしょう。

アパート、マンションの工事

アパート経営・マンション経営を始めるにあたり、新築のアパートやマンションを建設して経営を始めるケースも多く見られます。新しく建物を建築するときには、どこの業者に建築を依頼するかを決めなくてはいけません。
複数の業者にプランニングについて相談、話し合いをして見積もりをとって最終的に依頼する業者を決めていきます。

アパート経営・マンション経営における建設会社の選び方」参照

依頼する業者が決まったら契約手続きに入りますが、アパートやマンションを新規で建築するときにその費用を一括で建築会社に支払うことができる方はまれであり、多くの方がローンを組みます。
銀行に融資を申し込みするためには、アパート経営・マンション経営の事業計画書を金融機関に持ち込んで融資の申し込みを行いましょう。

金融機関にローンの申し込み手続きを行ってから、ローンの金額、利息が決定され、その後不動産売買契約を締結して、工事が開始されます。

建物の登記

アパートやマンションの建設工事が終わりに近づいたら、建物の不動産登記を行わなくてはいけません。
新規で土地を購入してアパートやマンションを建設したときは、土地の登記も行う必要があります。

土地の登記は役所にて行うのですが、建物と土地はそれぞれ別で登記する必要があり、それぞれ費用負担が生じます。
予め資金計画に、この登記費用を含めておいた方が余裕を持った資金計画が立てられます。

また合わせて土地周辺の自治会の会長さんにも挨拶をしておくことで、近隣住民とのトラブルを防ぐことにもつながります。

税務関係の手続き

アパート経営・マンション経営を行う場合は、個人事業主として開業届を税務署に提出する必要があります。
経営者の住所がある管轄の税務署に個人事業の開業届出書を提出しておきます。

また少しでも節税できるように、所得税の青色申告申請書、減価償却資産の償却方法の届出書を合わせて提出しておくと良いでしょう。