アパート経営・マンション経営のアパートローン返済(方法・期間)について

アパート経営・マンション経営をする場合、自分の手持ちのお金だけで経営できるものではありません。

そんなアパート経営・マンション経営をサポートするのがアパートローンです。
アパートローンの返済方法やその期間について紹介していきます。

アパートローンとは?

アパートローンとは賃貸用のアパートを建設、購入するためのローンです。

アパートを経営し、入居者からの賃料収入でローンを返済していくシステムで、経営者が手持ちの資金よりも多い金額を動かすためにも、アパートローンを活用することは重要です。
経営者の担保能力だけでなく、事業計画や賃貸事業の収益性など、ローンの審査対象が広く条件も厳しくなりますが、クリアすれば通常の住宅ローンよりも多額の融資を受ける事が可能になります。

そのためアパート経営・マンション経営をする人は、アパートローンを利用しています。

アパートローンの「元利均等返済」と「元金均等返済」について

アパートローンの返済方法は「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。

・「元利均等返済」とは

元利均等返済とは、「毎月の返済金額を同じにしたい人」におすすめな返済方法です。
返済額が一定なので、無理のない返済計画を立てることができます。

元金と利息の組み合わせで毎月均等に返済していくので、当初は利息が返済金のうちの多くを占め、元金部分の減り方が遅い事が特徴です。
このため借金による資産の圧縮効果が期待できるので、相続対策をしたい人に有利な方法となります。

ただし、相続対策以外の人には元金の返済がなかなか進まないので、金利負担が膨らむというデメリットもあります。

・「元金均等返済」とは

元金均等返済とは、利息の元となる元金が毎月一定額減っていくため、毎月の返済が徐々に減っていく返済方法です。
支払い利息が少なくなるので、総返済額が少なくて済む点がメリットですが、元金の残高が多い返済当初は月々の返済額も多くなります。
そのため、はじめのうちは返済の負担が大きいというデメリットもあります。

また、経費とならない元金の割合が高いので、キャッシュフローも良くありません。

ちなみに民間の銀行では「元金均等返済方式」はあまり選べないようで、多くの銀行が「元利均等返済方式」をすすめてきます。
元金均等返済方式を選びたい場合は、住宅金融支援機構の融資を受ける事をおすすめします。

返却期間はどれくらいで設定すれば良いか

アパートローンの返済期間を決める場合「長く少しずつ支払うか」「短く一気に支払うか」の選択となります。

返済期間を長くすれば、月々の返済は少なく済むので負担は少なくなりますが、その分利息の総額が増えてしまいます。
短く支払う場合は、当たり前のことですが月々の返済額が多くなります。

できる事なら月々の負担は少ない方がベストですが、35年ローンなどの長期ローンとなると、建物の老朽化が進み、支払い終えた頃には建物が使えない状態になっているという事もなくはありません。
建て替えや大規模修繕となると、さらに費用がかかる事にもなりますし、遠い将来、空き室をたくさん抱えてしまい収入そのものが見込めない事もあります。

金融機関によっては短期融資と長期融資を組み合わせる事も可能なので、自分の支払いプランに合った返却方法を担当者と良く話し合っておきましょう。

繰り上げ返済も検討項目に!「アパート経営・マンション経営において繰り上げ返済はお得か」をご参照ください。