マイナス金利が生命保険や個人年金保険に与える影響とは

マイナス金利は生命保険や個人保険年金にも影響を与えていると言われています。
具体的にはどのような影響があるのでしょうか。
また、取るべき対策はあるのでしょうか?

マイナス金利政策が生命保険や個人年金に与える影響

保険会社の多くは、資産運用を契約者が支払う保険金に加え、国債を買うことで運用しています。
国債は満期まで保有すれば元金割れすることもなく、ある程度の利息がついてきましたので、企業が資産運用するためには最適の手段でした。

しかし、マイナス金利の影響で長期国債の利息がマイナスに振れました。
今保有している国債の金利に影響することはありませんが、今保有している国債の満期が訪れ、次に国債を購入するときには、マイナス金利の影響で利益が出ない可能性があります。
そうすると資産運用が厳しくなります。

このことを背景として、保険会社は返戻率を下げる、保険料を値上げするといった対策に出ています。
中には、保険自体が販売を終了したものもあります。

どういった保険がマイナス金利の影響を受けやすいの?

影響を受けやすい保険は、保険会社にとって負担が大きいものといえます。
具体的には貯蓄型生命保険や個人年金保険など、返戻率が高いものが影響を受けやすいとされています。

実際にマイナス金利政策導入後、複数の保険会社が個人年金保険や貯蓄型保険の一部廃止や値上げを実施しました。
今後契約する際には、これまでの返戻率は見込めない可能性があります。
また、保険料が上がることは家計にも影響を及ぼすでしょう。

今後もこの流れは続くものと見られています。

私たちが注意することは?

マイナス金利の影響で、今後保険を使って資産を増やすことが難しくなる可能性があることがわかりましたが、私たちが注意しておくことはあるのでしょうか。

まず、今契約している保険についてはマイナス金利の影響を受けることはないようです。
しかし、人によってはこれから保険に加入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

今後の値上げや返戻率の低下が予想されることから、今が保険に加入するタイミングだと焦ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、まずは今加入している保険があるならば、その内容を再確認してみてください。
その上で今後必要な保険について考えることが大切です。

また、これから保険に加入する場合は、今後返戻率が上がることなどを見越して利益変動型の生命保険や個人年金保険にする、円高を逆手にとって外貨建ての生命保険にするなどの工夫も必要かもしれません。
その他にも、経営難で保険会社が破綻するリスクも念頭に置いておくと堅実です。

マイナス金利は生命保険や個人年金保険にも影響を及ぼしています。
しかし、まずは今契約している保険を把握し、必要な保険を見極めることが大切です。