空室対策にもなる人気の設備とは

不動産投資をするときには、空室リスクを抑える必要がありますが、立地条件以外にも自力でこのリスクを減らす方法があります。
その一つが、借主が満足するような魅力的な設備の導入です。

空室対策として人気のある設備とは

不動産投資を始めた人の中には、思うように借主が集まらずに悩んでいるという人もいますが、その場合、空室対策として設備を見直していくことも重要です。

内覧で特にチェックされる水回りは、やはり清潔感があってきれいなものの方が喜ばれます。
風呂やトイレ、キッチンなどは誰でもよく使う箇所です。
水回りは腐食や変色しやすい箇所ですので、不潔感がある場合には思い切って取り換えた方が良いでしょう。

また、今ではネットを利用する人が多いため、通信関係を充実させておくと幅広い世代で喜ばれます。
他にも、収納やセキュリティを重視する借主も多いため、充実したクローゼットや防犯会社との契約、インターフォン、二重ロックなどの需要も高くなっています。

防犯は時代のニーズに!「アパート経営・マンション経営における防犯対策の必要性」も合わせてご参照ください。

空室対策として家族向けにおすすめの設備とは

家族で生活する場合、一人一人の生活サイクルがバラバラになってしまいがちですので、追い炊き機能のついている給湯器や、複数の部屋へのエアコンの設置などが喜ばれます。
また、集合住宅用のインターネット回線を用意することにより、ネット料金が無料の特典を付けると、複数人数でネットをする可能性が高いファミリーには特に喜ばれます。

部屋選びには主婦が意見を言うことが多いため、台所は機能的なシステムキッチンを導入しておき、ともすれば部屋に散乱しがちな様々な品物を収納できる、大容量のクローゼットを用意しておくと、評価が高くなりやすいです。
また、小さい子供や高齢者が安全に生活できるような動線や、バリアフリーも空室対策として有効です。

空室対策として単身・女性・学生向けにおすすめの設備とは

単身生活者や女性・学生などの一人で生活している人のための空室対策としては、プライベートに自由な時間を過ごしたいと思うものですので、
気兼ねなく過ごせるように最低限の防音設備が導入されている方が喜ばれます。

また、一人でいると危険性を感じる人も多いため、オートロックやTVモニターインターフォン、エントランスのロックなどは需要が高くなっています。
さらに、インターネットの利用者が多いことから、ネット料金を無料にしているところは人気が高くなる傾向にあります。

このほかにも、外出中に荷物が来ても受け取りができるように宅配ボックスの設置や、ワンルームでもトイレと風呂場が分かれている方が、需要があります。