一戸建ては競売ではなく任意売却

夢のマイホームを手に入れることは普通であり、その後の経済状況や様々な変化を予測することは不可能です。結婚をして家庭を持ち家族が増えて一戸建て住宅を取得することは3大都市部のマンションを取得することと同じです。また、住宅ローンを利用することは通常であり、現金で購入される人はよほどの資産家か恵まれた環境の人です。借りた住宅ローンの返済は当然ですが、思いがけない経済環境の変化で返済が困難になり任意売却を選択する人は増えております。
リーマンショック以降は住宅ローン返済の相談件数が年々増えてことにより、何も出来ないまま裁判所の競売まで耐える必要がないことが逆に知られるようになってきました。任意売却は競売と違い所有者の意思で選択できる売却方法ですから、納得できなければ選択を中止することも出来ます。また、債務者と交渉するのは債権者である個人ではなく、弁護士や司法書士の法務関係者か不動産業者ですので、スムーズに債務交渉が進む場合がほとんどです。