任意売却は競売と異なり各種メリットがあります。任意売却をした時に、融資を受けている会社(債権者)との話し合いで、売却価格の内から費用として認められ、債務者が支払いを免れるお金があります。そのお金を引っ越しの代金や、住まいを借りる時の費用等、新生活の費用に充てる事ができます。費用として認められるのは、登記簿上に登録されている順位が後の方の抵当権者に対する抵当権抹消の為のお金です。例えば順位が二番目の人には、30万円または残債金の1割のどちらか低い金額などです。
また売却に係る仲介手数料や、宅建業法に基づいて支払われる消費税込みの手数料も対象になります。抵当権抹消に関わる印紙などの登記費用(1つの債権について1万円以下)や、司法書士に依頼したときの費用も対象です。各種税金、マンションの管理費の延滞分です。任意売却の場合、融資会社(債権者)と相談して身内の方や友人知人に買取してもらうことで、引越しをしなくても、賃料を支払いながら、住み続けられる場合もあります。買主と上手く交渉出来れば、一定期間後に買い戻すことが可能な場合もあります。