このご時世、住宅ローンの返済ができなくなって滞納してしまう家庭は少なくはないのが現状です。しかし、「返済できないので許して」というわけにもいかないので、滞納をし始めた時には早急に対策を考える必要があります。もし対策を取らないでローンを滞納したまま放置したら、約3ヵ月後に自宅は差押えられて競売にかけられることになります。競売にかけられたら自宅からは強制的に追い出されることになり、尚且つ強制的に売却されることにもなります。更には市場価格よりも約6~7割程度で買われてしまうので、債務者にとってメリットが得られない状態になってしまいます。そこで競売を回避しつつ、住宅ローン返済問題を解決するのための最終的な対策としては、任意売却をすることになります。任意売却とは、債務者が自ら自宅を売却することです。競売にしろ任意売却にしろ、いずれにしても自宅は手放すことにはなりますが、任意売却なら債務者に多くのメリットを残せるのでお勧めです。