長年の不景気の煽りを受けて住宅ローンの返済ができなくなる家庭も少なくはないのですが、もしもローンの滞納をしたら自宅はどうなるのかが心配です。滞納をした場合、それを数ヶ月放置すると債権者にて自宅は差押えられます。差押えられた自宅は既に自分のものではないので強制退去もあり得、競売にて自宅は見知らぬ誰かに売却されることになります。もしも、この問題を回避したいと思うのであれば、差押えられるまえに自ら行動を起こすことが必要です。その行動とは任意売却をすることです。任意売却も競売と同じように自宅を売却する方法ですが、自らの意思で売却することが可能です。ローン返済ができなくなったら、いずれにしても自宅を売却するという選択肢以外はできませんが、任意売却の利点は債務者にとって有利な売却ができるということです。後々、後悔したくないと思うのなら、1ヶ月でも滞納してしまった時点で任意売却を検討し始めることが必要です。